3~11μmの光の波長範囲で高速、高感度を実現した
非冷却型の赤外線検出素子を製品ラインナップに追加
1月16日から販売開始

2017/01/12

浜松ホトニクス株式会社
本社:浜松市中区砂山町325-6
代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

  浜松ホトニクスは、インジウム、ヒ素、アンチモン(InAsSb)を用いて3~11マイクロメートル(以下μm、μは百万分の1)の光の波長範囲で高速、高感度を実現した非冷却型の赤外線検出素子「InAsSb光起電力素子 P13894-011MA」を製品ラインナップに追加します。

  感度波長範囲を従来の8μmまでから11μmまでに広げることで、より長波長の光を吸収する分子の測定も可能となり、さまざまな成分を1つの素子で分析できるようになります。1月16日から、国内外の環境計測装置、分析機器メーカー向けに販売を開始します。

  なお、本素子は、1月28日(土)から2月2日(木)までの6日間、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催される国際会議SPIE フォトニクス・ウエスト(Photonics West)の併設展示会に出展します。

 

InAsSb光起電力素子P13894シリーズ

InAsSb光起電力素子P13894シリーズ

 

 

ガス計測用デバイス

 

発表記事全文 [624 KB/PDF]

ページの先頭へ