密封型マイクロフォーカスX 線源に透過ターゲットを採用
上位機種に置き換え可能な高分解能、高拡大率、広放射角度を実現
2 月1 日から受注開始

2017/01/17

浜松ホトニクス株式会社
本社:浜松市中区砂山町325-6
代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

 浜松ホトニクスは、透過ターゲットを採用して高分解能、高拡大率、広放射角度を実現した密封型マイクロフォーカスX 線源(以下、MFX)「L12531」を新たに開発しました。上位機種で ある開放型MFX が使われている電子部品の微細な故障解析などのオフライン用途に、密封型MFX の特長を生かしたメンテナンスフリーで小型軽量、低消費電力なX 線源として、国 内のX 線検査装置メーカーに向けて2 月1 日から受注を開始します。

 

InAsSb光起電力素子P13894シリーズ

透過ターゲットを採用した密封型マイクロフォーカスX線源「L12531」

 

ページの先頭へ