がん細胞のミトコンドリア活性度測定による
放射線治療の早期効果判定の有用性を確認
― がんの放射線治療における早期効果判定手法確立へ前進 ―

2017/03/10

浜松ホトニクス株式会社

学校法人 東海大学

浜松ホトニクス(代表取締役社長:晝馬明、中央研究所PET研究グループ長:塚田秀夫)および東海大学(学長:山田清志、医学部教授:川口 章、客員講師:村山千恵子)の共同研究グループは、ミトコンドリアの活性化に比例して取り込みが増加するPET薬剤(18F-BCPP-EF)を用いたPET検査が、がんの放射線治療効果の早期判定に有用であることを動物実験で確認しました。本研究成果により、治療開始早期での非侵襲的な効果判定が可能となり、個々のがんに対して適切な放射線照射量を調節する個別化医療を実現できます。すなわち、現在がんの種類ごとに決められた標準的な照射量では効きすぎる場合の副作用を軽減でき、一方、十分な治療効果がない場合には他の治療法へ変更するなど、治療開始の早い段階でその後の治療方針を検討できます。

 

18F-BCPP-EFのPET画像

18F-BCPP-EFのPET画像

 

ページの先頭へ