FDSS/IMACS Functional Imaging Cell-sorting System

c9033 製品写真

カタログ [869 KB/PDF]

 FDSS/IMACSは、蛍光プローブを用いた個々の生細胞における各種イオンや蛋白質解析などのカイネティクス解析、また個々の細胞内の分子局在など、様々な情報を得ることができるハイインフォメーションスクリーニング(HIS : High Information Screening)システムです。測定部は細胞培養環境であり、プレート搬送と自動分注ユニットも組み込まれているため、用途に応じたCell-based assayを行なうことが可能です。

特長

■ 広視野CCDカメラにより、多数細胞を一括計測

検出器には、弊社独自の広視野冷却CCDカメラを使用しています。広範囲の同時観察を可能にし、一回の測定で大量の細胞の情報を得ることができます。(4倍の対物レンズ使用時で約Φ4 mmの視野をカバー。最大約5000個の細胞を一度に測定することも可能です。)

c9033 製品特長


■ シングルセルレベルでの多検体自動計測

優れた画像処理アルゴリズムにより、1つ1つの細胞を識別して、個々の細胞のカイネティクスパターンデータを得ることができます。ヘテロジーニアスな細胞集団や希少な細胞でも、1つ1つの反応を検出することにより、確実にレスポンスした細胞や細胞集団のみを抽出することが可能です。

c9033 製品特長


■ 24、48、96、384ウエルプレートに対応


■ 自動分注ユニットを用いたカイネティクスアッセイ

任意のタイミングで化合物を分注しながらカイネティクスアッセイを行うことができます。


■ マイクロプレート自動搬送機構


■ 蛍光プローブを自由に選択できるFlexible Optic

高輝度白色光源により、各種蛍光プローブが使用できます。
組み合わせによりマルチプローブ対応も可能です。


■ 長時間培養が可能な顕微鏡システム

■ 操作性の高いソフトウェア


データ表示

c9033 製品特長

ページの先頭へ

用途

c9033 応用例


c9033 応用例


c9033 応用例

ページの先頭へ

ページの先頭へ

仕様

●本体部

顕微鏡システム

光源 高輝度白色光源
励起波長切り替え 励起フィルタ最大6種類
蛍光励起波長切り替え ダイクロイックミラー及び蛍光フィルタ最大6種類

マイクロプレートのXYスキャン

最小スキャンステッピング 0.1 μm以下
位置再現性 ±1 μm以下
スキャンスピード 速度最大10 mm/秒以上・精密移動時0.5

検出部

検出器 広視野デジタル冷却CCDカメラ
有効画素数 4000 画素 x 2624 画素(1000万画素)

●分注ユニット

分注ヘッド

種類 一液分注タイプ
材質 ステンレスNozzle使用(脱着、交換可能)
洗浄機能 Nozzle洗浄機能搭載
分注量 10 μl~100 μl
電力 AC 100 V、40 A(独立した15 Aコンセント、3個必要)

ページの先頭へ

外観寸法・質量

●本体部及び分注ユニット
  幅(mm) 高さ(mm) 奥行き(mm) 質量(kg)
 本体部 1050 1180 700 175
 ファンユニット部 350 1180 700 80
 全体 1550 1200 950 255(max.)
●防振台
幅(mm) 高さ(mm) 奥行き(mm) 質量(kg)
1800 800 900 350
●制御部
幅(mm) 高さ(mm) 奥行き(mm) 質量(kg)
1000 1500 1000 100

ページの先頭へ

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。