電子線照射源(EBエンジン)は、フィラメントから生じた熱電子を高電圧で加速してエネルギーを高め、窓箔からその電子線を大気中に取り出します。出射窓には透過性の良い素材を採用し、低エネルギーの電子線を効率よく照射することができます。

説明動画



1件が見つかりました。

低エネルギー電子線照射源 EB-ENGINE (照射幅 300mm): L12978

小型電子線照射源EB-ENGINEは加速電圧を50 kV ~ 70 kVまで可変でき、300 mm幅試料への均一な電子線照射が可能です。照射源を並列配置することにより、更に幅広なフィルムなどへも一括照射が可能となり、また、複数台配置により立体構造物にも対応可能です。

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。