注目の製品・カテゴリ

展示会情報

CEマーキング表示製品

計測用光源、LED、半導体レーザ等の他、各種光源応用製品をご紹介します。

発光装置・モジュール

UV-LED光源(リニア照射)(1)

LC-L5G GL-430

小型軽量・空冷方式に加え、UV-LED光源の課題でもあった“高出力化”を実現しました。UV接着・UVコーティングやUV印刷に最適なUV-LED光源を幅広く取り揃えています。

UV-LED光源(スポット照射)(2)

365nmまたは385nmのUV-LEDを搭載した光源です。単色光源であり、熱やDUV光による照射物への影響・ダメージがありません。低消費電力で環境にもやさしい光源です。

スポット光源(ランプ方式)(2)

UV接着に最適な条件での照射を可能とするUVスポット光源から、研究開発・小ロット生産ラインなどあらゆる場面で活躍するUV・可視スポット光源まで、常に市場の要求を満たす仕様を追求し、効率的な生産を実現するスポット光源ラインナップをご紹介します。

RF放電型エキシマランプ(3)

従来の誘導体バリア放電は、点灯周波数数10 kHzで針状のマイクロプラズマ放電のため発光ムラがありましたが、高周波(RF)放電は、点灯周波数2MHzで雲状のグロー放電のため発光ムラがなく照度の均一性が高いのが特徴です。ランプハウスに搭載されたエキシマランプと、研究開発に最適な小型エキシマランプ光源があります。

波長可変光源 (OSG)(1)

この波長可変光源1台で波長1 nm単位、波長可変速度50 nm/sで自由自在に波長の選択が可能です。標準品として発光波長範囲390 nm~700 nm、430 nm~790 nm、700 nm~1300 nmをラインアップしています。約20 nmというスペクトル半値幅を実現したことで、希望の波長が再現性良く照射できます。そのため、より高い精度が求められる評価・検査に最適な光源といえます。

フラッシュ光源(2)

ライトガイドなどの光学系の選択により、さまざまな光を出力することができる高安定、高出力なストロボ光源です。

紫外-可視ファイバ光源(3)

各種ポータブル装置等に応用できる紫外-可視ファイバ光源です。小型重水素ランプ+タングステンランプを搭載し、200nm~1600nnの光を出力するL10671と、高輝度重水素ランプ+タングステンハロゲンランプを搭載し、200nm~1600nmの光を出力するL10290があります。

深紫外光源(UVCL)(1)

電子線による励起発光を利用し、水銀フリーを実現した深紫外光源です。265 nm, 305 nmのピーク波長域で高い光出力を有する2種類のタイプがあります。コンパクトでランプ電源が内蔵されているため、各種装置への組み込みが容易です。

常用標準光源(2)

標準光源の使命ともいえる「安定性」と「再現性」を高い水準で同時に実現しました。ランプ・電源・ランプハウスのセットですので、高安定な光を簡単に再現することができます。注)この製品は受注生産品です。

真空紫外(VUV)光源ユニット(2)

「MgF2窓付き重水素ランプ」を内蔵した真空紫外光源ユニットです。高輝度重水素ランプを搭載し、空冷式と、真空フランジ取り付け部を採用したL10366と、真空フランジ付属のSUSフレキシブル管を採用したL10706があります。

小型重水素ランプモジュール(1)

S2D2ランプ(小型重水素ランプ)は従来品に比べ大幅に小型化を実現した点光源D2ランプです。小型でありながら従来品と同等の高安定性を有し、独自の電極構造により高輝度も実現しました。本モジュールはその小型さにより、簡易に各種装置に組み込むことが可能です。

キセノンフラッシュランプモジュール(9)

20W, 5W, 2Wキセノンフラッシュランプ・電源・トリガソケットを一体化したモジュールです。高安定・長寿命を合わせて実現していることから、水質・大気分析装置用の光源として最適です。

H2D2光源ユニット(2)

H2D2光源ユニットは当社従来品(L2D2ランプ)に比べ、輝度6倍の高輝度・高性能重水素ランプ(H2D2ランプ)が内蔵されています。高輝度でありながら、高安定・長寿命を実現し、専用のハウジングを採用することにより空冷動作を可能にしました。

レーザダイオードヘッド(11)

ピコ秒ライトパルサ

ファイバや受光素子の評価に使用可能な超短パルス光源です。

静電気除去装置(フォトイオナイザ)(5)

フォトイオナイザは、クリーンなイオン生成方式「Photoionization(光電離)」を利用した静電気除去装置です。従来のコロナ放電方式とは違い、「塵や電磁ノイズ、オゾン」の発生しないクリーンな除電です。また、イオン生成バランスが均等であるため、逆帯電を起こすことがありません。

静電気除去ユニット VUVイオナイザ(1)

真空紫外光を利用した静電気除去ユニットです。MgF2窓付き重水素ランプの弊社従来品に比べ、約3倍の広角照射を実現し、減圧下での広い面積の除電が可能となりました。従来品は照射角度の制限により、広い面積の除電には複数台必要であった問題を解消しました。

テラヘルツ光伝導スイッチ(2)

テラヘルツ波発生・検出モジュール

光と電波の境界の波長領域は、その周波数からテラヘルツ領域と呼ばれています。テラヘルツ波は、分光分析、イメージング、通信、医療解析等、さまざまな応用があるとして注目されています。テラヘルツ光伝導スイッチは、励起光源にフェムト秒レーザを用いることで、テラヘルツ波を発生・検出することが可能です。テラヘルツ時間領域分光測定系を構築するためには、発生用と検出用として、それぞれ1台が必要となります。

レーザ装置

ステルスダイシングエンジン(1)

ステルスダイシング技術は、浜松ホトニクスが開発した、「レーザを用いた全く新しいダイシング技術」です。この技術をダイシング装置搭載用にユニット化したものがステルスダイシングエンジンです。

LD加熱光源(LD-HEATER)(1)

LD-HEATER

温度モニタリング機能を搭載したコンパクトで高機能なスポット加熱光源です。

LD照射光源(SPOLD)(14)

LD照射装置(SPOLD)

ファイバ出力型LDモジュールと駆動回路及びペルチェ式冷却装置を、コンパクトにまとめたレーザ照射光源です。

超短パルスレーザ (MOIL-ps)(1)

MOIL-ps

LD直接励起型Yb:YAGピコ秒パルスレーザです。

マイクロチップレーザ(8)

マイクロチップレーザ

マイクロチップレーザは、当社独自の技術によりレーザ共振器を一体型にすることで、共振器のアライメント調整の必要ないメンテナンスフリー・コンパクトを実現した受動Qスイッチ型の短パルスレーザです。

発光デバイス

キセノンランプ/水銀キセノンランプ(26)

輝度・色温度が高く、紫外~可視~赤外にわたって連続スペクトルを放射するため、分光光度計など各種測光用光源として極めて理想的なランプです。高性能陰極の採用により従来ランプの問題点を解決し、精密測光用ランプとして幅広く活躍しています。

キセノンフラッシュランプ(40)

直流点灯タイプに比べ小型で発熱が少なく、紫外~可視~赤外に渡り強い連続したスペクトルを持っています。電極の構造と材料の改良を行い、従来ランプと比較してアーク安定性5倍以上、寿命10倍以上と極めて優れた性能を持っています。

重水素ランプ(22)

分析機器用重水素ランプに要求される寿命・安定性・高出力を満たす新世代の重水素ランプです。

光イオン化用重水素ランプ(1)

10.78 eVの高エネルギーな光を照射可能な光イオン化用光源です。本光源による光イオン化は他の手法に比べソフトなイオン化が可能です。

ホローカソードランプ(118)

原子吸光分析用に開発された金属蒸気放電タイプの光源です。銀、アルミニウム、ヒ素をはじめとする66種類の単元素ランプと、Na-KやCa-Mg等の複合元素ランプ7種類を用意しています。

LED(82)

k_led.jpg

浜松ホトニクスは、光電スイッチ・エンコーダ・測量・光ファイバ通信などの用途に適した高出力のLEDを用意しています。

CWレーザダイオード (CWLD)(5)

Laser Diode

連続発振タイプのレーザダイオード(LD)です。光出力は数mWから数ワットクラスまでと幅広く対応しています。

パルスレーザダイオード(PLD)(4)

Laser Diode

パルス点灯によって高いピーク出力を特長とするLDです。

スーパールミネッセントダイオード(SLD)(2)

Laser Diode

LDの高輝度とLEDの低コヒーレンス性を合わせ持った高輝度光源です。

ファイバ出力型レーザダイオード(3)

ファイバ出力型レーザダイオード

LDをファイバに導光し、取扱い性の良いファイバ出力型LDです。

量子カスケードレーザ (QCL)(19)

量子カスケードレーザ シリーズ

中赤外(4 μm ~ 10 μm)に発振波長をもつ半導体レーザです。

高出力レーザダイオードバーモジュール(3)

LDモジュール

発光点(エミッタ)をリニアアレイ状に配置したレーザダイオードバー(LDバー)と冷却機構等を一体化して、高性能・高光出力・高信頼性を実現したLDモジュールです。

直接集光型レーザダイオード(DDL)(2)

DDL

LDスタックモジュールからのビームを集光して直接対象物に照射するタイプのレーザ発振器です。

ファイバ出力型レーザダイオードバーモジュール(FOLD)(19)

FOLD

LDスタックからのビームを集光してファイバ伝送したレーザ発振器です。

線源

マイクロフォーカスX線源(9)

X線非破壊検査用の微小焦点X線源です。微小焦点により透視画像のボケを抑え、鮮明な拡大画像を可能にします。外部制御機能としてRS-232Cインターフェースを標準装備しています。立体形状観察においても鮮明な透視・拡大画像を可能にします。

低エネルギー電子線照射源(2)

電子線照射源(EBエンジン)は、フィラメントから生じた熱電子を高電圧で加速してエネルギーを高め、窓箔からその電子線を大気中に取り出します。出射窓には透過性の良い素材を採用し、低エネルギーの電子線を効率よく照射することができます。

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。