PET(positron emission tomography:ポジトロン断層画像装置)は、生体内の複雑な機能が活動している様子を観測できる医療用の画像診断装置として、一般の方々にも認知されて来ています。脳を中心とした複雑な生体機能を解明する手段として、またがんなどの病気の早期発見のために、このPET装置は世界中の研究者・医療関係者から熱い注目を浴びています。しかし、PETの可能性は診断装置の枠内だけにとどまるものではありません。近年、このPETの優れた特性を利用して、医薬品開発のツールとして応用する動きが世界的に盛んになってきています。

1件が見つかりました。

創薬支援サービス

PETの優れた特性を利用した、 医薬品開発支援のご案内です。

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。