世界最大の大面積CMOSイメージセンサとFOSを組み合わせたX線フラットパネルセンサです。当社独自の設計技術により、CMOSイメージセンサの大面積化を可能にしました。CMOSイメージセンサは昨今の技術開発によって高性能化が達せられており、単結晶シリコンであるためアモルファス系のフラットパネルセンサに比べS/N、高速リアルタイム性、広いダイナミックレンジを実現しています。さまざまな要素技術の融合によって、浜松ホトニクスのX線フラットパネルセンサは画像歪みのないメガピクセル級の高精細デジタル画像を、静止・動画のいずれも撮像を可能にしています。また、薄型・軽量であることから装置への組み込みが容易であるため、各産業用X線検査装置へ広く利用されています。

ラジオロジー用(4)

k_for_raadiology_.jpg

デジタルラジオグラフィ・ディフラクションといった理化学計測などの用途で利用するための仕様を備えたフラットパネルセンサです。高速・低ノイズ・大受光面・薄型・軽量といった特長をもっており、さまざまなニーズに応えることができます。

非破壊検査用(1)

k_for_non-destructive_inspection_.jpg

高速・高解像度・広いダイナミックレンジ・小型・無歪みという特長をもった、X線デジタルイメージングデバイスです。鮮明かつ高精細なX線デジタル画像により、工業製品の原料検査・製品検査などを行うことができます。

フレームグラバ用ケーブル(8)

k_accessory.jpg

フラットパネルセンサのアクセサリとして、フレームグラバ用ケーブルを用意しています。フラットパネルセンサの並列ビデオ出力を、パソコンに搭載したフレームグラバに転送するためのケーブルです。

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。