オプティカルブロック(25)

オプティカルブロックは、光電子増倍管モジュールや高感度カメラを用いた微弱光計測を考慮して設計された、バンドパスフィルタやダイクロイックミラーなどの光学部品が内蔵されているブロックです。光計測のための光学部品としてお手軽にご使用いただけます。

スキャンブロック(1)

可視域のレーザ光走査用に設計されたテレセントリックfθレンズとガルバノスキャナを組み込んだブロックです。他のオプティカルブロックを接続することで、レーザ走査型の蛍光顕微鏡や反射顕微鏡、更に共焦点顕微鏡の測定系を組むことができます。

FOP(ファイバオプティクプレート)(13)

数ミクロンの光ファイバを束にした光学デバイスです。レンズに代わる光学素子として、光や像(イメージ)を高効率、低歪みで伝達し、さらにレンズのように焦点距離を設ける必要がないためコンパクトな光学設計を可能にします。

FACレンズ(1)

FACレンズは半導体レーザから広がる光のFAST軸方向をコリメートするレンズです。半導体レーザはFAST軸方向に大きな発散角を持っており、このままでは出力される光を効率よく使用することができません。本レンズは半導体レーザから広がる光をコリメートし、放射角を数mrad以内に抑えることで、発散する光を効率よく利用することができるものです。

キャピラリレンズ(1)

キャピラリレンズは、中空ガラスキャピラリを多数束ねて一方をゆるやかなテーパ-状に加工したX線用光学素子です。

キャピラリプレート(12)

孔径が数ミクロン~数百ミクロンのガラス毛細管(キャピラリ)を規則正しく二次元的に配列し、0.4mmから数十mmの厚さにした円形または角形のガラスプレートです。キャピラリは高精度で直線性に優れ、流量制御や粒子選別、指向性などを任意に選択できます。

フローセル(1)

光電子増倍管を代表とする真空管の製造における50年以上の経験と確立されたガラス加工技術を応用し、フローセルをはじめとするさまざまなガラス製品を提供しています。カスタム製品のご要望にも対応いたします。

LCOS-SLM (空間光位相変調器)(27)

X10468-01,X10468-02,etc

LCOS-SLMは、光の位相を自由に変調する反射型の空間光位相変調器です。レーザなどの照射光は、液晶により位相変調された後反射され、その波面形状を自由に制御することができます。光の波面制御により、光ビームパターン成形や収差補正等への応用が可能です。

イメージスプリッティング光学系(2)

イメージスプリッティング光学系

イメージスプリッティング光学系は入射する光を2波長に分光し、カメラに結像させる顕微鏡イメージング用の光学系です。

MEMSミラー(1)

k_mems_mirror.jpg

当社独自のMEMS (Micro-Electro-Mechanical Systems)技術を応用した電磁駆動式のミラーです。ミラーの下に磁石を配置することで、超小型を実現しています。磁石の磁界中において、ミラー周辺のコイルに電流を流すと、フレミングの法則によってローレンツ力が発生し、ミラーを駆動します。当社のMEMSミラーは、低消費電力とともに、広い光学的振れ角、高いミラー反射率も実現しています。

SERS基板(1)

J12853

SERS (Surface-Enhanced Raman Spectroscopy: 表面増強ラマン分光)基板は、分子のラマン散乱光を増強する基板で、高感度なラマンスペクトル分析を可能にします。微小金属構造のチップを独自のハンドリングプレートで固定して、アクティブエリアを保護しています。ハンドリングプレートのアクティブエリア部にはウェル構造を採用し、溶液などを入れやすくなっています。なお本製品は使い捨て品で、再利用はできません。

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。