C10082CAHミニ分光器 TMシリーズ

C10082CA,C10082CAH,etc

データシート [585 KB/PDF]

紫外~近赤外域用 (200~800 nm)、高分解能タイプ

 

ミニ分光器 TMシリーズは、光学素子とイメージセンサと駆動回路をコンパクトにまとめた分光器 (ポリクロメータ)です。測定光を光ファイバ経由で入光し、分光結果をUSB接続でPCに取り込むことにより、分光スペクトルの収集が可能です。本製品は、裏面入射型CCDイメージセンサを採用した高感度タイプで、CMOS内蔵タイプに比べ感度が約2桁高く、より微弱光領域での計測に適しています。なおC10083CAHは、波長分解能1 nmを実現した高分解能タイプです。本製品には、測定条件の設定、データの取得および保存、グラフの表示などの機能をもつ評価用ソフトウェアが付属されています。また、DLLの関数仕様を公開しているため、ユーザーサイドで独自の計測ソフトウェアを作成することが可能です。

 

■特長
・裏面入射型CCDイメージセンサを採用
・高分解能: 1 nm
・スリット幅とNAの選択により波長分解能の変更が可能
・石英製透過型グレーティングの採用による高スループット
・機器への組み込みも可能
・波長変換係数を内蔵メモリに記録
・外部トリガ入力対応

仕様

感度波長範囲 200~800 nm
波長分解能 (半値幅) typ. 1 nm
冷却 非冷却
A/D分解能 16 bits
インターフェース USB 1.1
内蔵素子 裏面入射型CCDイメージセンサ
総画素数 2048 pixels
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃

ページの先頭へ

外形寸法図 (単位: mm)

k_c10082ca_do_xx.jpg

ページの先頭へ

ページの先頭へ

JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。