ライフホトニクス

地球と人とすべての生命が最適なバランスで共存する未来―
私たちは光を使ってこれを実現します。

 

20年後、30年後、私たちの未来はどのようになるのでしょうか。
すべての人が生き生きと安心して暮らせる未来、地球と人とすべての生命が最適なバランスで共存する未来に向けて、私たちは多くの課題を乗り越えなければなりません。誰もが元気に暮らすための健康や医療の問題、健全な社会の営みを支える環境やエネルギーの問題など...。
浜松ホトニクスは、「持続可能性」の価値観に則った研究開発活動を「Life Photonics(ライフホトニクス)」と呼び、生命や生き物、人生、活力源、生き方など広範な意味を含む「Life」をテーマとしたさまざまな光技術の研究に取り組んでいます。

 

Life Photonics
  • すべて表示

 

ライフホトニクス 更新情報

2016/5/17
ライフホトニクス
「生命と光」に透過型定量位相顕微鏡を追加しました。
2016/3/16
ライフホトニクス
ライフホトニクス イメージ広告(「nature」2016年3/17号、4/14号)を追加しました。
2015/6/10
ライフホトニクス
「光基盤技術」詳細ページを公開しました。
2015/4/8
ライフホトニクス
「環境と光」詳細ページを公開しました。
2015/2/4
ライフホトニクス
「光と医療」詳細ページを公開しました。
2014/12/11
ライフホトニクス
「生命と光」詳細ページを公開しました。
2014/10/09
ライフホトニクス
「健康と光」詳細ページを公開しました。
2014/10/09
ライフホトニクス
「ライフホトニクス」特集ページを公開しました。

ライフホトニクス イメージ広告

「nature」2016年3/17号・4/14号掲載

 「ネイチャー」2016年3/17号・4/14号掲載  

Life Photonics

地球と人とすべての生命が最適なバランスで共存する未来―
私たちは光を使ってこれを実現します。

広告を見る(英語) [1.3 MB/PDF]

 

「nature」2015年6/11号・7/9号掲載

 「ネイチャー」2015年6/11号・7/9号掲載  

Photonics for basic research & technology

光が秘めている、無限の可能性をひも解くために。
浜松ホトニクスでは、将来の重要なテクノロジーの基盤になり得るさまざまな技術を研究しています。そのひとつが、世界唯一となるテラヘルツ波のプリズム部材の開発。これまでの開発で培ってきたアイデアと和の精神による研究開発活動の融合が、日々、新たな発見と知識をもたらしています。

広告を見る(英語) [4.4 MB/PDF]

 

「nature」2015年4/9号・4/30号掲載

 「ネイチャー」2015年4/9号・4/30号掲載  

Photonics for the Environment

もの言わぬ植物が、光という手段で化学物質の影響をささやいているとしたら?
浜松ホトニクスは、生体微弱光計測技術を基にした、植物からの遅延発光によるバイオアッセイの研究を通じて、産業や家庭から排出される化学物質の有害性を評価し、食物連鎖や生態系のバランスを崩さないサスティナブルな社会の実現に貢献します。

広告を見る(英語) [3.3 MB/PDF]

 

「nature」2015年2/5号・3/12号掲載

 「ネイチャー」2015年2/5号・3/12号掲載  

Photonics for Medical care

光は人体の治療にどのように役立つのだろうか?
その1つの取り組みとして、浜松ホトニクスは、血栓にのみよく吸収され、血管壁には吸収されにくい波長のレーザ光を用い、血管内の血栓を選択的に溶解する技術の開発に取り組んでいます。

広告を見る(英語) [778 KB/PDF]

 

「nature」2014年12/11号・2015年1/1号掲載

 「ネイチャー」2014年12/11号掲載  

Photonics for Bioscience

光でどこまで生命メカニズムを解明できるか?
白血球細胞数の1000万分の1という極微量の循環腫瘍細胞(CTC)は、がんの転移に深くかかわると考えられ、世界中の生物学、医学、工学、光学の研究者が注目しています。浜松ホトニクスは、当社独自の技術によりCTCを見つけ出し、がん転移のメカニズムを解明する方法の研究に取り組んでいます。

広告を見る(英語) [6.6 MB/PDF]

 

「nature」2014年10/9号・11/13号掲載

 「ネイチャー」2014年10/9号・11/13号掲載  

Photonics for Health

からだの老化やガン、生活習慣病を、食べ物で未然に防ぐことはできないか?
浜松ホトニクスは、これらの原因となる体の「酸化ストレス状態」を計測し、食品が体に及ぼす効果を測定するシステムを開発。今後、老化による機能低下や疾病予防に活かすツールの研究へと進めてまいります。

広告を見る(英語) [3.7 MB/PDF]

 

「nature」2014年7/10号・8/14号・9/11号掲載

 「ネイチャー」2014年7/10号・8/14号・9/11号掲載  

Life Photonics

地球温暖化や生物多様性の問題など全地球的な規模で生命がバランスをくずし始めている現在、浜松ホトニクスは、「持続可能性」という価値観に則った研究開発テーマを大きくLife Photonicsと名付け、個々の技術者、研究者の多様な視点と相互作用を重視して活動を進めています。地球上のすべての命を未来につなぐために。

広告を見る(英語) [4.8 MB/PDF]

 

 

ライフホトニクスをカテゴリから見る

健康と光

ライフホトニクス -  健康と光

健康長寿活き活き社会を目指して
超高齢社会の到来や要介護人口の増加、国際的な食糧危機など、近い将来起こり得るこれらの課題に対して、光技術で「食」「心身の健康」の面から支援する技術を紹介します。

生命と光

ライフホトニクス - 生命と光

生命メカニズムの解明と応用 ~分子から細胞まで~
人間のからだは約60兆個の細胞から成り立っています。ところがその細胞はまだまだ未知なところだらけ。その一端を、光技術を通じて明らかにし、長寿社会やエネルギー問題解決の糸口を見つけ出します。

光と医療

ライフホトニクス - 光と医療

光技術、光応用で可能になる将来の医療  ~「がんで死なない」「認知症にならない」社会を目指して~
からだにやさしい光技術を用いた診断・治療により、健康で長寿な末永く元気に働ける社会の実現に貢献することを目指した研究内容を紹介します。

環境と光

ライフホトニクス - 環境と光

光技術による持続可能な社会の実現
正しく環境を知る“環境評価技術”と循環型を実現する“低環境負荷技術”、その両輪があってこそ活きる光技術による未来の環境技術をご紹介し、持続可能な社会の実現を目指します。

光とエネルギー

ライフホトニクス - エネルギーと光

レーザ核融合の将来像とその産業利用を中心に
化石燃料の使用による地球温暖化、石油の枯渇や原油価格の高騰、再生可能エネルギーでのエネルギー供給不足など、現在多くのエネルギーに関する問題を抱えています。光技術により、これらの諸問題を解決し低炭素社会の実現を目指します。

光基盤技術

ライフホトニクス - 光基盤技術

「ライフホトニクス」を支える光科学、光研究の成果
「ライフホトニクス」を支え、今後の新たな「ライフホトニクス」につながる研究成果や技術まで、さまざまな光基盤技術をご紹介します。

ページの先頭へ