製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

デジタル・ラジオグラフィー デジタル・ラジオグラフィー

デジタル・ラジオグラフィー(DR)

デジタルラジオグラフィ(DR)は、従来のX線フィルムやイメージングプレート(IP)に代わり、X線フラットパネルディテクタを使用するX線画像診断です。

X線フラットパネルディテクタには、間接変換タイプと直接変換タイプがあり、X線をシンチレータで可視光に変換し、その光を光検出器で電気信号にする間接変換タイプが広く使用されています。

当社は、優れた解像度特性を持つ針状構造のヨウ化セシウム(CsI:Tl)を採用し、医療、歯科および非破壊検査用に、様々なサイズのシンチレータプレートを提供します。また、シンチレータを堆積する基板は、アルミ、アモルファスカーボン、ファイバーオプティックプレートの3種を用意しています。

e_tn_scinti

おすすめ製品

シンチレータプレート

X線イメージング用フラットパネルデバイスです。市販のCCDとダイレクトカップリングすることでリアルタイムデジタルラジオグラフィを可能にします。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。