製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

質量分析

質量分析

質量分析は、さまざまなイオン化法で物質を原子・分子レベルの微細なイオンにし、その質量数と数を測定することにより、物質の同定や定量を行う方法です。一度の分析によって得られる情報量が他の分析手法と比べて多く、プロテオミクスをはじめとするあらゆる分野への応用が考えられます。

浜松ホトニクスでは、イオン検出用デバイスをはじめとする質量分析装置の心臓部を担う各種デバイスを多岐にわたって取り扱っております。

装置とデバイスについて

 

質量分析装置は、「イオン化部」「分離部」「検出部」からなり、そのイオン化方法や分離方法によって、さまざまな種類に分類されます。装置の種類に応じて、内蔵されるデバイスに要求される特長も変わってきます。
浜松ホトニクスでは主に「検出部」の心臓部を担うイオン検出デバイスの開発・製造を中心に、光イオン化用の光源や、ユーザー向け測定サポートツールなど、質量分析に関連するデバイス製品を多岐にわたって開発しています。

質量分析

浜松ホトニクスの質量分析への取り組み

浜松ホトニクスのデバイスの特長

独自の検出器ラインアップ


浜松ホトニクスではMCPや電子増倍管、光電子増倍管、光半導体素子など、多種類の検出デバイスを取り扱っており、幅広い選択肢の中から装置に最適なご提案が可能です。
また、質量分析用デバイスの豊富な開発経験と、半導体製造やレーザー開発、材料研究などの多様な先端技術を組み合わせることによって、これまでにない特性を持つ独自デバイスの開発を実現しています。

 

質量分析

カスタム対応


質量分析装置のデバイスは、装置ごとに求められる特性や形状が大きく異なります。浜松ホトニクスでは、各種の一般製品ではカバーできない要求スペックに対応すべく、お客様の声に合わせたカスタム対応も積極的に行っております。
また、国内営業所および海外現地法人を各地に設立しており、お客様の近くで迅速にサポート致します。お気軽にご相談ください。

 

 

質量分析

将来展望


質量分析装置は、食品・薬品・水質等の品質管理分野、危険物質の評価、医療診断装置など、幅広い分野に活用されるようになりました。それにより、サイズ、性能、コストなどの面でも多様性が求められています。
このように発展を続ける質量分析業界に対し、浜松ホトニクスでは個別の用途に最適な性能を持つキーデバイスの開発で貢献していきます。

 

質量分析

主要検出器早見表

検出器の種類 質量分析装置 検出器特長
Q-MS TOF-MS 磁場型MS Ion trap-MS ICP-MS
電子増倍管 電子増倍管全般       高ゲイン, 低ノイズ
R4146-10     薄型
R6985-80       両極性検出, コンバージョンダイノード内臓
R8811       小型, ベーキング対応
R8810       小型, 低真空動作, ベーキング対応
R13733       広ダイナミックレンジ
R2362     広有効面積, ベーキング対応
R14747     小型, 低真空動作, 堅牢性
MCP MCP全般         広有効面積, 高速応答
F9890, F9892シリーズ         広有効面積, 高速応答
F12334シリーズ         小型, 広有効面積
MIGHTION F14845-11         広有効面積, 高速応答, 広ダイナミックレンジ
F14844       小型, 低真空動作, 爆発物検知に最適

おすすめ製品

電子増倍管(EM管)

エレクトロンマルチプライヤ(Electron Multiplier)とも呼ばれ、主に正負イオンの検出器として用いられます。ゲイン(増倍率)が高く、暗電流が小さいため、カウンティン法を用いて非常に少ないイオン量から測定することが可能です。

MCP(マイクロチャンネルプレート)

真空中で電子・イオン・真空紫外線・X線・γ線などを、二次電子に変換後、電子増倍し検出するセンサです。高速応答性が特長で、主にTOF-MS 用のイオン検出器として用いられます。使いやすいアッセンブリタイプもご提供可能です。

高速蛍光体

電子を410 nm 付近の可視光に変換する蛍光体です。質量分析の検出部においては、光電子増倍管などの光検出器と組み合わせて使用されます。残光時間が短いためパイルアップを避けることができ、良好なカウントレートリニアリティが得られます。

イオン化支援基板 DIUTHAME(ジュテーム)

MALDI TOF-MS 装置のユーザー向けに開発された測定サポートツールです。MALDI におけるマトリックスの代わりとなってイオン化を支援し、試料の前処理が不要となります。すべてのMALDI 装置ユーザーが簡単に使用可能なまったく新しいツールとして、質量分析に高い再現性と手軽さをもたらします。

光イオン化用重水素ランプ

重水素ランプによる光イオン化は、レーザなどの他の手法に比べソフトなイオン化が可能です。また、10.78 eV の高エネルギーな光を照射可能なため、PIDランプをはじめとする他のランプ光源よりも効率的な光イオン化を実現します。

高圧電源

最大10 kV の高電圧が出力可能な高圧電源です。光電子増倍管の動作用電源として培った高い安定性が特長です。仕様のカスタマイズにも対応可能です。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。