製品情報

hama hot vol.16
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

FTIR

FTIR (フーリエ変換赤外分光)

FTIR (Fourier Transform Infrared Spectroscopy)は、赤外分光分析法の一種です。
試料 (固体/液体/気体)に赤外光を照射し、その透過光または反射光を干渉計により干渉させ、その信号強度をフーリエ変換することでスペクトル情報を取得します。そのスペクトル情報から、物質の定性、定量、同定などの分析を行う手法です。扱う赤外光の波長域によって、FT-IR、FT-NIRと区別することもあります。
この手法は、FTIR分析装置やフーリエ変換赤外分光光度計として、化学分析・医療・環境分析・材料分析など、さまざまな分野に用いられています。

浜松ホトニクスのFTIR向け製品

浜松ホトニクスでは、FT-NIR、FT-IRに適した分光モジュールや赤外線検出素子を用意しています。

FT-NIR向け

 

FTIRエンジン

FTIRエンジンは、光干渉計や制御回路などをコンパクトな筐体にまとめたフーリエ変換型分光モジュールです。波長1.1 ~ 2.5 μmの近赤外域で高い感度をもちます。手のひらサイズを実現しており、FTIR分析装置への組み込みが可能です。これまで主流だった据置型FTIR分析装置の小型/ポータブル化に貢献します。

FTIRエンジンの特長

 

据置型FTIR装置に匹敵する検出性能

小型化に伴う入射光量の減少を解消するために、光干渉計内部のアクチュエータを構成する可動ミラーを独自のMEMS技術で開発し、反射光を効率よく利用できるように改良しました。また、可動ミラーと固定ミラーをMEMSチップとして一体化することでコンパクト化するとともに、ミラー間の相対角度の誤差を100分の1度程度まで低減。さらに、MEMSアクチュエータの構造と駆動方法を最適化し、駆動時のぶれを無くすことで、光干渉計内部での赤外光の広がりを抑え、損失を低減しています。これらにより、従来の据置型に匹敵する検出性能を実現しました。

 

高い波長再現性を実現

測定対象光 (入射光)をビームスプリッタで分割し、それぞれ可動ミラーと固定ミラーで反射して再び合成すると、光干渉が生じます。この可動ミラーの位置によって変化する干渉光強度を光検出器 (InGaAs PINフォトダイオード)で検出し、その信号を演算処理 (フーリエ変換)することで分光スペクトルを取得します。また、光検出器 (Si PINフォトダイオード)と半導体レーザ (VCSEL)を用いて同一干渉計内で可動ミラーの位置を測定することで、波長再現性の高い分光スペクトルが得られます。

FTIRエンジンの測定例

 

反射測定 (糖の吸光度比較)

FTIRエンジンと据置型分光計で、糖の粉末試料 (グルコース、スクロース)の反射測定結果を比較したところ、据置型分光計で得られたスペクトルと同様に、微小なピークパターンまで精度よく計測できました。
 
 

反射測定

 

透過測定 (アルコール飲料の吸光度比較とアルコール濃度の推定)

1.1~2.5 μmの近赤外域には、水のOH基による吸収 (1.45 μm帯、1.9 μm帯)と、アルコール飲料のCH基による吸収 (2.1~2.5 μm)が存在します。透過測定の結果、水とアルコール飲料の吸収帯において、特長あるスペクトルが取得できました。 また、2.3 μm帯の吸光度からアルコール濃度を推定した結果、推定値と飲料の含有成分の数値が一致し、高精度の測定ができていることが確認できました。

透過測定

FTIRエンジンの用途

FTIRエンジンは、農産物の収穫前検査・土壌分析・プラスチック選別など、これまでタイムリーな測定が難しかった幅広いシーンへの応用が期待されます。

 

おすすめ製品

ftir_engine

FTIRエンジン C15511-01

小型のフーリエ変換型赤外分光モジュール

 

 

FT-IR向け

 

TypeⅡ超格子赤外線検出素子

当社独自の結晶成長技術とプロセス技術により14 μm帯まで感度をもたせた、FTIR用の赤外線検出素子です。RoHS規制物質である水銀・カドミウムを含有しておらず、MCT光起電力素子の代替素子としてご使用いただけます。

TypeⅡ超格子赤外線検出素子の特長

 

14.5 μm帯まで高感度

従来のMCT光起電力素子よりも長いカットオフ波長 14.5 μmを実現しています。また、直線性も優れており広いダイナミックレンジを実現したことで、FTIR分析装置の高精度化に寄与することが期待されます。

 

モジュールタイプも用意

TypeⅡ超格子赤外線検出素子を搭載した「プリアンプ付赤外検出モジュール C15780-401」も用意しています。MCT検出器と同様に素子への供給電力が不要なため、低消費電流での動作が可能です。

 

おすすめ製品

type2_superlattice_infrared_detector

TypeⅡ超格子赤外線検出素子

検出可能波長: 1~14.5 μm

ingaas_photodiode

InGaAsフォトダイオード

検出可能波長: 1~2.5 μm

inas_photovoltaic_detector

InAs光起電力素子

検出可能波長: 1~3.8 μm

insb_photovoltaic_detector

InSb光起電力素子

検出可能波長: 1~5.5 μm

insb_photoconductive_detector

InSb光導電素子

検出可能波長: 1~6.7 μm

inassb_photovoltaic_detector

InAsSb光起電力素子

検出可能波長: 1~11 μm

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。