製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

レーザー距離計 レーザー距離計

レーザー距離計

 

レーザー距離計は、レーザーを使用し、物体までの距離を測る装置です。 レーザーパルスを対象物に照射し、反射して戻るまでの時間から距離を算出するのが最も一般的な方法です。 当社のパルスレーザダイオードやPINフォトダイオード、APD、MPPC(SiPM)などの検出器が、レーザー距離計に使用されています。

 

 

 

比較表

項目 MPPC® APD PIN photodiode
測定距離 長距離 中距離 短距離
測定精度
読み出し回路 シンプルな回路設計 - -
動作電圧 ~数十 V 100 ~ 200 V ~10 V
増倍率 105 10 ~ 100 1
温度特性
応答速度
外乱光耐性
アレイ化
素子間のスペース 狭い 広い 広い
感度均一性 -
 

おすすめ製品

Si フォトダイオード

レーザー距離計の基本的な検出器であり、短距離計測や明光環境下計測に優れています。安価、低電圧駆動も特徴です。可視から1000 nmに感度があり500 MHzの高速応答性能を備えています。JEDECレベル:2a。

Si APD

Si APDは、Si PINフォトダイオードよりも高感度であるため長距離計測が可能です。波長 900 nmで高感度を特長としています。 背景光の影響を軽減するバンドパスフィルタ付タイプもあり、計測距離や精度が向上します。

MPPC

MPPCは、ガイガーモード動作をする多数のAPDピクセルが1つのパッケージに配置された製品です。フォトンカウンティングレベルで非常に微弱な光を検出可能な優れた感度は、長距離計測に適しています。

PLD

905 nm PLD パルス点灯によって高いピーク出力を特長とするLDです。ピーク光出力、発光幅は幅広く対応しています。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。