製品情報

新製品ニュースhama hot(ハマホット)バックナンバー
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

ラマン分光光度計

ラマン分光光度計

物質に光を照射すると、その一部の光が散乱します。散乱光には、照射した光と同じ波長 (レイリー散乱光)と異なる波長 (ラマン散乱光)があります。ラマン分光法とは、この照射光と異なる波長のラマン散乱光の性質を調べることで、物質の分子構造や結晶構造などを知る手法です。 無機化合物、有機物、固体、液体、気体、ガラスなど、ほとんどの対象を特別な前処理をせずに測定することができます。

ラマン分光光度計の構成例

光源

ラマン分光のための光源として、狭い波長幅、高い波長安定性を持ったレーザ光源が用いられます。

分光器

ラマン散乱光を分光します。一般的には回折格子を組み込んだポリクロメータが用いられます。

検出器

ラマン散乱光は非常に微弱なため、高感度の検出器が求められます。また、分光された多波長の光を同時に検出することが好ましく、リニアイメージセンサが利用されます。レーザ光源の波長を考慮し、測定波長 (波数)範囲に合わせたセンサの選択が必要となります。

測定例

ポリスチレン板のラマンスペクトル (分光モジュール C13560を使用 *SERS基板無し)

おすすめ製品

ラマン分光モジュール

785 nmレーザ・ミニ分光器・小型光学系などの当社技術を一体化した超小型ラマン分光モジュールです。専用のSERS基板 J13856-01を用いることで、ラマン光を千倍~百万倍増強した測定が可能です。USBバスパワー駆動で、付属のサンプルソフトウエアにてPCから操作を行うことができます。レーザ出力は、5 mW・10 mW・15 mWから選択できます。
レーザ出力やモジュールの形状変更などのカスタマイズも対応します。

ミニ分光器

ミニ分光器は、光学素子とイメージセンサと駆動回路を小型・薄型の筐体にまとめた分光器です。 測定光を光ファイバ経由で入光し、分光結果をUSB接続でPCに取り込むことにより、分光スペクトルの収集が可能です。ラマン分光測定用に複数タイプを用意しています。
 
C14214MA
- 感度波長範囲: 790~1050 nm
- 波長分解能 (半値幅): 0.4 nm typ.
- 画素数: 2048 ch
- サイズ (W×D×H): 100 × 60 × 12 mm
 
C13054MA
- 感度波長範囲: 790~920 nm
- 波長分解能 (半値幅): 0.4 nm typ.
- 画素数: 512 ch
- サイズ (W×D×H): 80 × 60 × 12 mm
 
C11713CA
- 感度波長範囲: 500~600 nm
- 波長分解能 (半値幅): 0.3 nm typ.
- 画素数: 2048 ch
- サイズ (W×D×H): 120 × 70 × 60 mm

InGaAsイメージセンサ

1064 nmレーザを用いたラマン分光測定用に設計されたInGaAsリニアイメージセンサです。ラマンスペクトル域の計測に特化するため、従来品 (G11508-512SA)よりもカットオフ波長を短くして、低暗電流化を実現しています。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。