製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

生産能力を倍増、シンチレータなどを集約し、開発強化と生産拡大に向け
北京浜松 廊坊工場新2棟完成
竣工式は1月11日

2014年01月08日
  • 浜松ホトニクス株式会社
    本社:浜松市中区砂山町325-6
    代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

廊坊工場 新2棟外観

廊坊工場 新2棟外観

浜松ホトニクスの、中華人民共和国(以下中国)における製造販売子会社 北京浜松光子技術股份有限公司(北京市豊台区、当社94%出資、以下北京浜松)は、主力拠点である廊坊工場(河北省廊坊市)に、開発強化と生産拡大に向けて、新棟を建設していましたが、この度完成し2月から稼動を開始する予定です。

新2棟には、永清工場(廊坊市永清県)にあるシンチレータとガラス加工を集約し、手狭になった第1棟から光電子増倍管以外の製品を移管します。これにより、第1棟を光電子増倍管の専用棟とすると共に、永清工場ではガラス溶解などの専用工場として設備を導入し、両工場共に生産能力を倍増します。

竣工式は1月11日に執り行います。

※シンチレータ:

放射線が入射すると減衰時間の短い蛍光を発生する結晶で、検出器の受光面に貼り付け、
放射線像を可視像に変換します。

この発表に関するお問い合わせ