製品情報

新製品ニュース hama hot
浜松ホトニクスの最新の製品や技術をご紹介。最新号をダウンロードいただけます。
イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

早稲田大学・浜松ホトニクス株式会社 共同研究
「ガンマ線撮像用コンプトンカメラの高性能化に成功」
- 除染のさらなる効率化、環境調査、医療、理学応用へ期待 -

2014年07月23日
  • 早稲田大学
    浜松ホトニクス株式会社
    科学技術振興機構(JST)
早稲田大学理工学術院の片岡研究室は、浜松ホトニクス株式会社との共同研究により、ガンマ線撮像用コンプトンカメラの大幅な性能向上に成功しました。「目に見えないガンマ線を迅速かつ正確に可視化する」技術は物理・医療・環境計測あらゆる分野で切望されています。とくに、福島第一原発事故において飛散した放射性物質の除染は未だ大きな課題であり、早急な対応が待たれます。今回開発されたカメラは、2013年9月に浜松ホトニクス社から発表された携帯型・高感度ガンマ線カメラをもとに、早稲田大学で新規に開発した「ガンマ線の3次元高精度位置測定」技術を盛り込み、サイズ・重量をほぼ同じに保ったまま解像度を今までの約2倍、感度を約70% 改善したものです。本開発はJST先端計測分析技術・機器開発プログラム(放射線計測領域・革新技術タイプ)の一環として実施しました。

 

:今回開発した新カメラ(左)と現カメラ(右)

今回開発した新カメラ(左)と現カメラ(右)

新カメラで撮影した、福島・浪江町における放射線核種のスポット状集積の例

新カメラで撮影した、福島・浪江町における放射線核種のスポット状集積の例。
撮影時間は3分

この発表に関するお問い合わせ