製品情報

新製品ニュース hama hot
浜松ホトニクスの最新の製品や技術をご紹介。最新号をダウンロードいただけます。
イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

LD を8分の1以下の狭いスペクトル幅で発振する
レーザー共振器の開発に、世界で初めて成功
全固体レーザーの出力を向上する励起用LD光源の開発に期待

2015年04月15日
  • 浜松ホトニクス株式会社
    本社:浜松市中区砂山町325-6
    代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

浜松ホトニクスは、高出力半導体レーザー(以下LD )スタック2個を、ストライプミラーと単一面型VBG(Volume Bragg Grating)を用いて同時に波長制御し、8分の1以下の狭いスペクトル幅で発振する、安定したレーザー共振器の開発に世界で初めて成功しました。これにより、全固体レーザーの出力を向上する励起用LD光源の開発が期待できます。

本成果は、応用物理学会誌の「アプライド・フィジックス・エクスプレス(Applied Physics Express (APEX) Online)5月号」に掲載予定で、4月14日に電子版に掲載されました。また、4月23日(木)にパシフィコ横浜・会議センターで開催される、レーザーに関する国際会議「OPIC(OPTICS & PHOTONICS International Congress)2015」で口頭発表する予定です。

※VBG:
光誘起屈折率(フォトリフラクティブ)効果があるガラスの内部で、わずかな屈折率が周期的に変化し、特定の方向に光が強く回折する格子を形成した光学素子。特定の角度では強い光の反射が起こるが、その角度以外ではほとんど光を反射しない。LDの縦横モードを改善できるため、波長安定と狭帯域が実現する。

この発表に関するお問い合わせ