製品情報

新製品ニュース hama hot
浜松ホトニクスの最新の製品や技術をご紹介。最新号をダウンロードいただけます。
イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

高強度短パルスレーザー照射により
セラミックス材料表面の多層多結晶化に成功
機能性材料開発に期待

2015年07月17日
  • 学校法人 光産業創成大学院大学
    浜松ホトニクス株式会社

光産業創成大学院大学(浜松市西区、学長 加藤義章)、浜松ホトニクス(本社 浜松市中区、代表取締役社長 晝馬明)らは、セラミック材料のジルコニアに高強度レーザーを照射し、表面から深さ約100マイクロメートル(以下μm、マイクロは100万分の1)の領域に、微細な多結晶粒を多層に形成することに成功しました。本研究成果は、レーザー衝撃圧縮技術を用いたセラミックス系材料の改質技術における新たな発見で、新しい機能性材料の開発につながる可能性があります。

本研究成果は、7月14日(火)付け英国物理学会出版局「Journal of Physics D: Applied Physics(ジャーナル・オブ・フィジックスD:アプライド・フィジックス)」誌電子版に掲載されました。また、9月16日(水)から4日間、関西大学千里山キャンパスで開催される「日本物理学会2015年秋季大会」と、9月20日(日)から6日間、米国ワシントン州シアトルで開催される「The 9th International Conference on Inertial Fusion Sciences and Applications (IFSA 2015)」において、研究成果を発表します。

※レーザー衝撃圧縮技術:

レーザーが持つエネルギーの時間的、空間的集中性を利用して、物質に対して高い圧力を動的に加え、固体から液体や気体に状態を変化(相転移)させる技術。

なお、本研究チームは、光産業創成大学院大学、トヨタ自動車株式会社 先端材料技術部、浜松ホトニクス株式会社 大出力レーザー開発部、株式会社豊田中央研究所、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社、公益財団法人 レーザー技術総合研究所、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、ネバダ大学リノ校の8研究機関21名の研究者で構成されています。

この発表に関するお問い合わせ