製品情報

天文 カメララインアップ事例集
hama hot vol.17
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

NEDOの事業成果を集約したプラットフォームを構築
―レーザー光源や加工機を連携させ、最適な加工条件を探索―

2021年02月22日
  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
    国立大学法人東京大学
    国立研究開発法人産業技術総合研究所
    三菱電機株式会社
    スペクトロニクス株式会社
    国立大学法人大阪大学
    浜松ホトニクス株式会社
    パナソニック株式会社
    パナソニック スマートファクトリーソリューションズ株式会社
    株式会社金門光波
    学校法人千葉工業大学
    公益財団法人レーザー技術総合研究所
    ギガフォトン株式会社
    株式会社島津製作所

   NEDOが2016年度から2020年度まで実施中のプロジェクト「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」で開発された最先端のレーザー光源や加工機を集約し、東京大学、産業技術総合研究所、三菱電機(株)、スペクトロニクス(株)、大阪大学、浜松ホトニクス(株)、パナソニック(株)、パナソニック スマートファクトリーソリューションズ(株)、(株)金門光波、千葉工業大学、(公財)レーザー技術総合研究所、ギガフォトン(株)、(株)島津製作所はこのたび、各装置が持つ加工品質の計測・評価技術やデータベースといった共通基盤技術を組み合わせることで、レーザー加工の課題解決に寄与するプラットフォーム「柏Ⅱプラットフォーム」を構築しました。加工ユーザーは本プロジェクトで開発された最先端のレーザー光源やレーザー加工機を容易に利用できるほか、集約されたレーザー技術と共通基盤技術、データベースの効果や適用可能性などを検証することが可能です。
  NEDOと13法人は今後、レーザー加工に関する産学官協創のために東京大学が設立した「TACMIコンソーシアム」と連携し、さまざまな材質、用途での加工事例を蓄積していくことで、本プラットフォームの機能向上に取り組みます。これにより各種装置の特性とユーザーニーズの効率的なマッチングや装置横断的な加工データ取得を実現し、効率的かつ迅速な最適加工条件の探索が可能なものづくりの実現を目指すとともに、日本の競争力強化に貢献します。

この発表に関するお問い合わせ