製品情報

hama hot vol.18
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

世界最小、指先サイズの波長掃引量子カスケードレーザーを開発
―光源に搭載し、持ち運び可能な火山ガスモニタリングシステムの実現を目指す―

2021年08月17日
  • 浜松ホトニクス株式会社
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

従来比約150分の1となる世界最小サイズの波長掃引QCL

図1 従来比約150分の1となる世界最小サイズの波長掃引QCL

浜松ホトニクス(株)はこのたび、NEDOが進める「IoT社会実現のための革新的センシング技術開発」において、独自の微小電気機械システム(MEMS)技術と光学実装技術を活用し、従来製品の約150分の1となる世界最小サイズの波長掃引量子カスケードレーザー(QCL)を開発しました。これを産業技術総合研究所が開発した駆動システムと組み合わせることで、高速動作と周辺回路の簡略化が実現でき、光源として分析装置などに搭載することが可能になります。これにより、分析装置を持ち運びできるサイズまで小型化できるようになります。

本プロジェクトではさらに二酸化硫黄(SO2)と硫化水素(H2S)の検出感度やメンテナンス性を高め、火口付近で火山ガスの成分を長期間、安定的にモニタリングする用途への展開を目指します。また、化学プラントや下水道における有毒ガスの漏えい検出や、大気計測などへの応用も期待できます。

 

この発表に関するお問い合わせ(レーザ事業推進部製造部)