製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

光情報処理・計測

波面・波形制御技術

波面・波形制御技術

光波面制御は光の波面(位相の空間分布)を自由に操る技術のことです。この技術は、例えば分子モータのような微小物体のマニピュレーションや生体試料内部の3次元超解像顕微計測、精密なレーザ加工、ホログラムによる3次元表示と超密度光メモリなどの実現に不可欠の要素となります。私たちは、独自技術である空間光位相変調器(Liquid crystal on silicon - spatial light modulator; LCOS-SLM)とインテリジェントビジョンセンサ(Intelligent vision sensor; IVS)をベースに、高度光波面制御技術の医療機器や顕微鏡などへの研究を行っています。

テラヘルツ波関連技術

テラヘルツ波関連技術

テラヘルツ波は光と電波の中間の遠赤外線であり、波長に換算すると30 μmから3 mmです。未知未踏の波長領域ですが、多くの可能性を秘めています。私たちは、光源・検出器・光部品などのデバイスを開発するとともに、薬品の分光分析や非破壊検査のイメージングなどの応用研究を実施しています。

軟X線3D顕微鏡

軟X線3D顕微鏡

軟X線3D顕微鏡は、小型X線源とX線反射光学素子で構成され、実験室に収まるサイズの高分解能3次元構造観察装置です。数keV以下の軟X線は生物試料や軽元素材料による吸収が大きく、コントラストの高い画像が得られます。

光トルクレンチ

光トルクレンチ

「光トルクレンチ」とは、「光渦」とよばれる特殊な性質を持った光の力を利用して、物に回転力を与える技術です。光渦を作り出すためには、高度な光技術が必要とされますが、当社では高水準の光渦生成技術を確立してきました。

超短パルス波形計測・制御技術

超短パルス波形計測・制御技術

超短パルス光の時間的・空間的性質を制御することによって、短パルス光と物質との相互作用を解明し、新しい応用を開拓する研究を推進しています。
具体的には、「フェムト秒パルスレーザ」と「空間光位相変調器(LCOS-SLM)」を組み合わせた高精度なパルス光制御技術と、非線形光学光ファイバを用いた波形計測技術(OPR:Optical Pulse Ruler)を確立し、レーザ加工、顕微・バイオイメージング、THz波発生などへの応用を進めています。