製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

化学物質の適正管理

化学物質は環境汚染の原因となり、人の健康や生態系に悪影響を引き起こす場合があります。当社では、化学物質の大気や水域への排出量や廃棄物などによる移動量等を的確に把握するとともに、最新の法規制に対応したGHS版SDSの収集、社内SDSデータベース構築により、化学物質取り扱い時の「環境」と「安全衛生」両面からのリスク低減に努めています。

PRTR(環境汚染物質排出移動登録:Pollutant Release and Transfer Register)対象物質の取扱状況

当社が取り扱う化学物質は、「特定化学物質の環境への排出量の把握および管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)」に則り管理しています。 第70期におけるPRTR対象化学物質取扱量※1は13.1トンでした。また、2016年度は本社工場で2物質(2-アミノエタノール、フッ化水素及びその水溶性塩)の届け出を行っています。

※1 各事業所において集計対象とする年間1kg以上取扱量があるPRTR法第1種指定化学物質で算出。

PRTR対象化学物質取扱量および売上高原単位推移

SDS(化学物質等安全データシート:Safety Data Sheet)収集推進と管理体制の構築

SDSは、労働安全衛生法で規定されているように、社内における化学物質取扱時の作業員の安全性確保や環境リスクの低減に必要不可欠です。当社は、法規制の改訂に対応した最新版のSDS収集を推進しています。収集したSDSの電子データは、社内SDSデータベースに掲載され、全社に公開することでリスク低減に貢献しています。

社内SDSデータベース

社内SDSデータベース

PCB(ポリ塩化ビフェニル:Polychlorinated Biphenyl)の適正管理

PCBは人の健康及び生活環境に被害を及ぼす危険性がある化学物質であり、難分解性、高蓄積性、大気や移動性生物による長距離移動の性質を有するため、将来にわたる環境汚染をもたらす危険性があります。当社は、PCBを含む機器として、高圧トランス、高圧コンデンサ、PCB油を保有しております。 当社では、2001年に成立した「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」に則って、PCBが漏洩しないよう廃棄物処理法に規定される保管基準に従い適正に保管し、処理体制の整備状況に応じて計画的に処理を進めていきます。

VOC排出量削減の取り組み

当社では、VOC※2対象物質の使用量の低減や排出抑制対策などにより、VOCの大気への排出量削減に取り組んでいます。

2016年度は「大気排出量を売上高原単位で、2000年度を基準として30%削減を維持」および「回収率50%以上」を目標に掲げ活動しました。結果は、大気放出量を2000年度比売上高原単位で61.1%削減、回収率64.9%となり目標を達成しました。

※2 VOC:Volatile Organic Compoundsの略称

VOC排出量推移

化学物質取扱状況の点検

各事業部・事業所の化学物質部会の下、化学物質を取り扱う職場や薬品庫を点検しています。点検時の問題点などは本部化学物質部会にて報告し、情報を共有しています。

化学物質取扱状況の点検

化学物質取り扱い作業者への教育

各事業部・事業所の化学物質部会のもと、化学物質の使用者に対し、その危険有害性や適切な取り扱いへの意識向上を目的とした教育を定期的に実施しています。当期は事業部・事業所での教育のほか、薬品メーカー様による化学物質の安全教育を開催しました。

化学物質取り扱い作業者への教育