製品情報

hama hot vol.18
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

株主との関係

株主との対話に関する方針

当社は、株主に当社の業務内容、方向性などを理解していただき、長期的に当社株式を保有していただきたいと考えております。また、当社の企業価値向上のためにも、これら株主との対話は重要であると考えており、次のような方針をもって対応しております。

  1. 株主との建設的な対話を統括する取締役又は執行役員を指定するとともに、実際の面談には当該取締役又は執行役員を始めとした幹部社員が対応することを基本としております。
  2. IR支援室を中心に複数の部門が連携して対応しています。
  3. 中間及び本決算時の決算説明会、四半期決算ごとの個別面談又はスモールミーティングを実施しております。また、個人投資家向け説明会や会社見学会なども適宜開催しています。
  4. 対話により把握した意見等は、適宜代表取締役を始めとした経営層に報告をしています。
  5. インサイダー情報には十分注意をした上でIRを実施しております。なお、各四半期決算日翌日から決算発表日までは「沈黙期間」としております。

【IR担当取締役】

吉田堅司(取締役常務執行役員管理本部長)
森和彦(上席執行役員管理部長)

株主の平等性の確保

当社は、全ての株主をその持分に応じて平等に扱い、株主間で情報格差が生じないよう適時適切に情報開示を行います。

政策保有株式に関する基本方針

政策保有株式については、当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上に資すると判断される場合に、事業上の有益性とリスクを適時、適切に判断し、最小限の範囲で保有するということを方針としております。

主要な政策保有株式については、中長期的な経済合理性や将来の見通しを取締役会にて検証し、保有の意義・合理性の有無等を議論していきます。

議決権行使に関する基本方針

政策保有株式の議決権行使に際しましては、経営方針・戦略及び議案の内容を十分検討した上で、当該企業の企業価値向上、株主利益の向上に資するものか等の視点に立って判断していきます。