製品情報

天文 カメララインアップ事例集
hama hot vol.17
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

細胞イメージング技術、および細胞機能解析に関する研究 【中央研究所】

採用人数 2名
具体的な仕事内容

創薬・医学分野に向けての、光計測を主とした分析手法の研究開発に従事していただきます。
これからのヘルスケアにおいては、健康をサポートする様々な検査への要求が高まっており、その礎となる分析手法は、生体分子計測を通して培われた新しい仕組みやその利用法から派生して作られていきます。
これらを理解し、ユニークな光計測法を構築することが業務となります。
具体的には、分光学的アプローチと様々な性能を持つセンサーを駆使して、細胞や生体内での分子間相互作用を計測する手法を開発したり、薬剤評価システムの構築を行っていきます。

対象学歴・学科 バイオ系、化学系(分析化学)、光学、電子系/学部、修士、博士の方
必要な能力 分光分析や顕微鏡法を習得されている方で、特に生体分子、細胞計測に興味を持っている方が対象です。 必須ではありませんが、顕微鏡および撮像システムの構築経験があればなお相応しいです。
異業種交流を通しての業務ですので、コミュニケーション力が必要です。
募集部署 中央研究所 (浜松市)

※ 応募に際してご提供頂きました個人情報につきましては採用活動以外の目的で利用することはありません。