製品情報

新製品ニュース hama hot
浜松ホトニクスの最新の製品や技術をご紹介。最新号をダウンロードいただけます。
イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

新奇光デバイスの開発

先輩社員紹介

林昌平

中央研究所 材料センター材料研究室
2012年入社 材料系出身

「新奇光デバイス」の実現に向けて

私が所属する材料研究室では、光と物質・電子の相互作用(ナノホトニクス)を研究しています。

私の主な業務としては、光と物質を相互作用させるために必要な「ナノ構造」の作成です。試作、実験を繰り返し行うことで、現在の発光・受光デバイスのさらなる特性向上を目指しています。それにより従来の物質では成しえない「新奇光デバイス」の作成を実現したいと考えています。研究は、いくつかのテーマに分かれており、その中の一つを担当しています。少人数で一つのテーマを行うので、基本的には、設計から試作・評価までを一通り行っています。

先輩社員紹介

研究者としてやりがいを感じる日

私が入社2年目の時に、「ナノ構造」に関する研究テーマを担当することになりました。このテーマを進めていく中で、どのようにアプローチしていくかは私に任せていただいています。

しかし、実験を進めていく過程で、どうしても初め立てた仮説と合わない部分も出てきます。行き詰った時には、先輩や上司にアドバイスをいただくこともあります。その中で一番印象に残っていることは、曖昧に解釈するのではなく徹底的に考えて意味を解釈する、データのどんな細部も見落とさず考えることが、新たな発見につながるということです。

これを常に意識し、問題を解決するための自分なりの答えを見つけられた時に、やりがいを感じています。

先輩社員紹介

まずは挑戦してみる、やってみるという社風

当社の魅力は「自由に提案でき挑戦させてもらえること」です。まずは挑戦してみる、やってみるという社風や風土があるように感じます。光に関しては、どんなに困難なこともできるはずだと思っています。ある程度自由度があるため、自分で考え、自分で作り、自分で評価できるのは楽しいです。

また大学時代とは違い、自分の発見や研究成果が製品となり、どのように社会貢献できているかというところまで目に見える点もモチベーションに繋がっています。

先輩社員紹介


先輩社員紹介

仕事をする上で大切にしていること

好奇心
人とのつながり

一つ目は好奇心です。何か面白そうなものがあったときに、まずはやらせてもらう、調べてみるという姿勢を大切にしています。

二つ目は人間関係(人とのつながり)です。どんな仕事も自分ひとりの力では成し遂げられません。様々な人と関わりを持つことを大切にしています。


On and Off

お仕事の一日

8:30 出社後、朝礼とメール対応
8:40 クリーンルーム(CR)に入る。 昨日からの続きで、試作中の素子のプロセスを行う。
12:00 お昼休み。食堂で同期と一緒に、時には情報交換も。
12:45 CRに入る。午前中に作製した素子の評価・測定を行う。
15:00 事務所にもどり、実験の報告書を作成する。次回の試作・実験をどのようにするのかを立てる。
17:00 休憩。
17:15 論文の調査、研究開発のための勉強(自己研鑽) or 時には残業。
19:00 帰宅。

お休みの一日

先輩社員紹介

休日は趣味のバスケットボールをしています。会社のバスケットボールチーム(光友会)に所属し、実業団の試合に出たりしています。また地域のクラブチームなどにも参加して汗を流しています。光友会では、通常の業務では知り合うことのできない方たちと繋がりを持つことできるので社内の人脈形成に役立っています。