製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

半導体製造プロセスの仕事

先輩社員紹介

野沢浩一

固体事業部 固体Siプロセス部プロセス製造グループ
2009年入社 材料系出身

半導体製造の仕事(シリコンウェハのプロセス工程)とは

私の所属しているSiプロセス部は、半導体製造における前工程(シリコンウェハのプロセス工程)を担当しています。Siフォトダイオードを始め、CCD、CMOS、アバランシェフォトダイオード等、固体事業部の中のSi製品全般を取り扱っています。半導体製造の中では最初の工程となるため、製品の土台を作る重要な役割を担っています。良くも悪くも製品の特性に大きな影響を与える業務であるため、大変なことも多いですが、それがやりがいにも繋がります。

私の主な業務内容は、生産性を向上させる改善活動や製造ラインで発生する不具合対応、新製品を製造していくのに必要なプロセス条件出しとなります。半導体プロセスの知識はもちろん必要となりますが、様々な製造装置を扱うための専門的なスキルも必要となるため、幅広く学んでいます。多様な知識・経験を有することで、独自の創意工夫が出来るようになるため、より仕事が充実すると思います。

ものづくりの現場から、高品質な製品を世界中のお客様に提供し、お客様の要求に応えられるように努めています。

先輩社員紹介

自分で考え、計画し、結果が出た時の嬉しさ

自分のやりたいことを実現できる点が、当社の魅力だと思います。過去、私が取り扱った外観検査装置を一部製品検査に使用していたのですが、更に他製品へも応用できないかと常々考えていました。そこで、上司へ相談して検討を進めた結果、実際に他製品にも適用することできたため、製品の歩留りが向上するという成果が出てきています。このように、自分で考えて計画し、実際に成果が得られた時がとても嬉しいです。

また、プロセス工程では、高額な製造装置を扱うこともありますが、挑戦したいことがあればそのような装置を駆使して要素実験に取り組ませてもらえるため、とても良い経験が出来ていると感じています。

半導体技術は日進月歩であるため、今後は事業部製品や製造に関する装置の知識を増やしていきたいと思います。将来的には製造側から製品開発へ活かせるアイディアが出せるようになりたいです。

先輩社員紹介

効率的な生産を行いつつ、世界最高峰の特性を出す

一般的に半導体製品は大量生産のイメージを持たれる方が多いと思いますが、当社では、少量多品種の生産を行っています。これを限られた設備の中で効率よく生産し、世界最高峰の特性を出せるものづくりをしていることが当社の強みだと感じています。

また私が日々心掛けているのは、効率的な作業環境を整えることです。そのために装置の扱いに関しては先輩に聞いたり、取扱説明書を読んで覚えるようにしていますが、それだけではなく、実際に使用している他の方に意見を聞いたり、装置を製造した装置メーカーのエンジニアの方と話したりすることで、より良い作業手順を考え、生産効率を上げられるよう努めています。手順や段取りを多角的に考えることにより、「人が作業しやすい環境」、「安全意識」、「より良いものづくり」という3つのバランスを大切にしています。そうすることで効率的な作業環境を整えることができると思います。

先輩社員紹介


先輩社員紹介

仕事をする上で大切にしていること

責任

私は製品の特性を決める重要な工程を担当していますので、高品質なものづくりを行うことが必須です。そのためには決められた期限を守るということが大切です。自分の担当業務を確実にやり遂げていくことで、周囲からの信頼関係も生まれ、円滑に業務を進めていくことが出来ます。

「自分でやると決めたことは、責任を持ってやりとげる」という気持ちを常に忘れず、今後も業務に取り組んでいきたいです。


On and Off

▼お仕事の一日

8:15 出社後、メール対応
9:00 製品の進捗対応
10:30 新規製品のプロセスライン投入に向けた条件出し
12:00 お昼休み。食堂のメニューではカレーがお気に入りです。
13:00 先期より取り組んでいる、外観検査工程の有効活用に向けた取り組み。検査測定性能を高めて、最適な運用を検討していく。
15:00 グループ内会議にて製品の処置対応を審議
16:30 製品の工程進捗打ち合わせ。停滞があれば原因究明しスムーズな生産を目指す。
19:00 帰宅

▼お休みの一日

先輩社員紹介

休日は家にほとんどいません。旅好きなので国内のいろんなところに出掛けています。先日箱根まで足を運び、芦ノ湖めがけてゴルフの打ちっぱなしを初体験しました。これをきっかけに、今後は大人のスポーツであるゴルフに挑戦していこうと思います。