浜松ホトニクスのサステナビリティ

サステナビリティに関する考え方

当社は、ステークホルダーとして、お取引先、仕入先、社員、株主の皆様、そして地域社会の皆様を挙げ、これらのステークホルダーの皆様にどのような姿勢で望んでいくのかを従業員に周知し、社外にも開示しております。このような姿勢をとっているのは、自社のみで社会活動が持続的に改善されるものではなく、また自社のみが発展すればよいのではなく、多くの関係者と協働することにより社会全般の底上げをはかり、それに伴い当社の企業価値を向上させたいと考えているからです。
また、当社製品は、人々の生命や環境、安全にかかわる業界や、先進技術を用いることで社会基盤の発展に寄与する事業にて広く使用いただいております。このため当社製品の安定かつ持続的な供給責任を負っていると考えております。
近年、環境や人権、労働、公正取引、BCPなどに関する問題がグローバルで問われるようになっております。当社はこれらの問題を重要な事項と位置付け、環境対応製品の開発、労働者の人権を保護し働きやすい環境の構築、不正な取引をなくすために何ができるのか等を検討、対応しております。そして、これらの具体的内容につきましては、数値も含め自社ホームページにて開示しております。
さらにこれらサステナビリティ関連事項に関する取締役会の関与を深めるため、2021年10月にサステナビリティ統括委員会を設置いたしました。関連する情報の取締役会への報告と取締役会の考え方をサステナビリティ統括委員会直下の各委員会に周知することで、実効性を高めてまいります。

サステナビリティ基本方針

私たちは、1953年の創業以来一貫して「光」を追究し、光技術を用いた世界一のものづくりを通じて、社会そして科学技術発展に貢献することを基本理念としております。健全で信頼される企業としての成長を目指し、サステナビリティの意識を高く保ち、すべてのステークホルダーと共に事業を推進してまいります。

  1. 企業倫理の徹底を図り、関係法令、国際ルール及びその精神を遵守するとともに、人権を尊重します
  2. 環境に配慮、貢献し、健全で持続可能な事業活動を展開します
  3. 社員を尊重し、能力開発を支援し、働きやすく安全な職場環境を提供します
  4. 安全かつ高品質な製品・サービスを提供します
  5. 公正な取引を行い、情報を適切に管理し、不正アクセス、情報漏洩、不正使用等を防止します

(2021年10月22日取締役会決議)

推進体制

担当役員

取締役常務執行役員管理本部長 吉田堅司

組織

当社は、2021年10月に新たにサステナビリティ統括委員会を設置いたしました。
サステナビリティ統括委員会は、委員長である管理本部長のもと、全社横断的な対応の推進をはかります。そして、サステナビリティ統括委員会に属する各委員会の活動状況を取締役会に報告して、取締役会の意思を各委員会の活動に反映してまいります。

サステナビリティ統括委員会組織図