製品情報

天文 カメララインアップ事例集
hama hot vol.17
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

クラッディング | 直接集光型レーザダイオード(DDL)

 

レーザクラッディングとは肉盛りする材料を粉末やワイヤで供給し、母材と同種または異種材料を肉盛りする手法です。材料をレーザにより瞬時に溶融させ母材の表面に堆積させることにより、母材の特性を向上させたり部品の補修などに利用されます。
DDLを用いたレーザクラッディングではさまざまなグラッディングを高品質に行うことが可能です。

l_ddl_ill8_jp

DDLを用いたレーザクラッディングのメリット

クラッディングの高品質化

 

*1 肉盛り層における溶け込み量の割合。希釈率が多いと肉盛り材料と母材成分が混ざってしまい、材料がもつ耐食性・耐熱性・耐摩耗性などの特性が薄れる場合がある。

工程の低コスト化

さまざまなクラッディングが可能

集光ビームパターンおよびプロファイル

l_ddl_es7_xx

3Dプロファイル例

l_ddl_es10_xx

アルミ系のクラッディングに有効

レーザクラッディングとPTA(粉体プラズマ溶接)の比較

従来工法であるPTA(粉体プラズマ溶接)との比較表です。PTAとは材料に粉体(粉末状の金属)を使用して肉盛溶接を行う溶接です。

  レーザクラッディング PTA
歪み 小さい 大きい
希釈率 低い 高い

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。