製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

DFB-CW駆動型QCL

構成例

標準構成例

  1. CW量子カスケードレーザ(L12004、L12005、L12006、L12007シリーズ)
  2. TEC温度コントローラ C11330-01
  3. 空冷HHLマウント A11709-01 もしくは 水冷HHLマウント A11709-02
  4. 非球面ZnSeレンズ A11331-02 もしくは レンズユニット A11331-02H(注1)
  5. ケーブル A11134-04
  6. レーザ電源(市販のCW半導体レーザ用DC電源をご用意ください。)
  7. ケーブル A11134-05
  8. ヒートシーカ A10767

(注1)ご希望のQCLの波長をもとに、レンズ仕様をご確認の上選択してください。

l_cw-qcl_ce1_ja

(注2)写真はHHLパッケージQCL及び非球面ZnSeレンズユニットA11331-0xHを取り付けた状態のA11709-01
(注3)CW半導体レーザ用DC電源側のケーブルは切り落としです。ユーザー様にて加工してください。
(注4)A11709-01の空冷ファンの赤黒2Pコードに接続してください。
・写真掲載品(製品名を赤字で記載)が弊社でラインアップしている製品です。
・その他の機材、ケーブルにつきましては、別途ご用意ください。

アクセサリ

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。