CCDエリアイメージセンサ

S9737-03

1024 × 1024画素、表面入射型FFT-CCD

S9737-03は、微弱光検出用に開発されたFFT-CCDエリアイメージセンサです。低ノイズ・低暗電流 (MPP動作)を特長としており、蓄積時間を長くすることによって微弱光をとらえることができ、広いダイナミックレンジを達成しています。


■特長
・広いダイナミックレンジ
・低暗電流
・低読み出しノイズ
・MPP動作
・プレートタイプ

タイプ -
イメージサイズ 12.288 x 12.288 mm
有効画素数 1024 x 1024 pixels
画素サイズ 12 x 12 μm
感度波長範囲 400~1100 nm
フレームレート 0.09 フレーム/s
暗電流 typ. 100 e-/pixel/s
読み出しノイズ typ. 4 e- rms
冷却 非冷却
パッケージ プレートタイプ
測定条件 指定のない場合はTyp. Ta=25 ℃, フレームレート: エリアスキャン時,暗電流: MPPモード

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。