製品情報

イベント情報
浜松ホトニクスが出展を予定している展示会、学会、セミナーの情報をご覧いただけます。
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

ミニ分光器

セレクションガイド

波長から選ぶ

TM/TG/TFシリーズ

製品イメージ シリーズ タイプ 感度波長範囲 波長分解能
TMシリーズ 高感度   6 max. nm
高分解能   1 typ. nm
高感度   8 max. nm
(波長 320~900 nm)
高分解能   1 typ. nm
(波長 320~900 nm)
広ダイナミック
レンジ
  6 max. nm
広ダイナミック
レンジ
  8 max. nm
高感度   8 max. nm
TGシリーズ 高感度   3 max. nm
高分解能   1 typ. nm
高感度   5 max. nm
(波長 550~900 nm)
TGシリーズ
ラマン分光用
高分解能   0.3 typ. nm
高分解能   0.3 typ. nm
TGシリーズ
近赤外域用
    7 max. nm
冷却型   7 max. nm
冷却型   8 max. nm
冷却型   20 max. nm
TFシリーズ 高感度   3 max. nm
高感度   3.5 max. nm
近赤外域用   7 max. nm
TFシリーズ
ラマン分光用
高分解能   0.4 typ. nm
  0.6 max. nm
RCシリーズ 分光器
モジュール
  9 max. nm
  8 max. nm
分光器ヘッド   9 max. nm
分光器ヘッド   8 max. nm
MSシリーズ
分光器ヘッド
近赤外域用
 
  20 max. nm

1.紫外~近赤外域用

検出器に裏面入射型CCDイメージセンサを採用した高感度タイプです。CMOSリニアイメージセンサを内蔵したタイプと比べ感度が約2桁高く、蛍光計測などの微弱光領域の測定に適 しています。C10082CAH、C10083CAHは高分解能タイプで、波長分解能1nmを実現しています。

高感度

高分解能

2.紫外~近赤外域用

検出器にCMOSリニアイメージセンサを採用したタイプです。吸光度測定や光源のスペクトル評価など比較的光量の多い場合の分光計測に適しています。

5.ラマン分光用

ラマン分光測定に適した高分解能タイプのミニ分光器です。C11713CAは500~600nm、C11714CBは790~920nmに感度波長範囲をもち、0.3nmの波長分解能を実現しています。

6.近赤外域用

InGaAsリニアイメージセンサを採用した近赤外線検出用のタイプです。感度波長範囲は0.9~1.7μm、1.1~2.2μm、0.9~2.55μmの3種類で、低ノイズの電子冷却型も用意し ています。

冷却

非冷却

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。