製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

PMA-12 マルチチャンネル分光器

C10028-02

null

PMA-12は、分光器と光検出器を一体化したコンパクトな分光測光装置です。集光は、光ファイバを採用しています。高感度なため通常の用途においては特別な集光光学系なしでも、光ファイバを試料に接近させるだけで簡単に分光スペクトルが得られます。分光器と光検出器は機械的に固定されているため、安定で長時間安心してご使用いただけます。波長軸特性と分光感度特性は較正済みですので、簡単・確実に分光スペクトルの測定が行えます。
C10028-02は、InGaAsリニアイメージセンサを採用し、1600nm~2350 nmの近赤外領域における反射・吸収スペクトルを高ダイナミックレンジで測定できるモデルです。

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

型名 C10028-02
光検出器 InGaAsリニアイメージセンサ
感度波長範囲 1600 nm~2350 nm
受光素子チャンネル数 256 ch
素子サイズ 250 μm~0.25 mm
素子冷却温度 -10 ℃
読み出しノイズ 12 500 electrons
暗電流 2.5×107 electrons/scan (-10 ℃:20 ms)
露光時間 5 ms~0.05 s
AD分解能 16 bit
分光器 ツェルニターナ方式
F値 4
波長分解能 <9 nm
ファイバ受光面積 φ1 mm
ファイバタイプ バンドルファイバφ12 mm SUS管
ファイバ長 1.5 m
外部トリガ入力 TTLレベル/Highインピーダンス
インターフェース USB 2.0
電源 AC100 V~AC240 V、50 Hz/60 Hz
① 水銀、アルゴン原子線において確認しています。
② 長さ1.5 mのケーブルが標準で付属されます。"

外形寸法図

c10028-01,-02 外形寸法図

ファイバ入力光学系 外形寸法図

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。