製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

スキャンブロック

C10516

null

スキャンブロックC10516は可視域のレーザ光走査用に設計されたテレセントリックfθレンズとガルバノスキャナを組み込んだブロックです。他のオプティカルブロックを接続することで、レーザ走査型の蛍光顕微鏡や反射顕微鏡、更に共焦点顕微鏡の測定系を組むことができます。観測領域はφ21.5mmとなっていますので、広範囲のサンプルを観測できます。また、市販されている顕微鏡のCマウントポートへスキャンブロックを取り付けて光電子増倍管による高倍率の画像観測も可能です。

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

用途

レーザスキャニング顕微鏡

共焦点レーザスキャニング顕微鏡

(例)生物顕微鏡、工業用顕微鏡、DNAチップ/プロテインチップ読み出し

特長

2つのガルバノスキャナで2次元走査

テレセントリックfθレンズ内蔵

φ21.5mmの広い観測領域

顕微鏡対物レンズと組み合わせて高倍率観測

広い波長範囲に対応

構成

スキャンブロックは、スキャンブロック本体とコントロールユニットから構成されています。スキャンブロック本体には2個のガルバノスキャナとテレセントリックfθレンズが組み込まれ、コントロールユニットはガルバノスキャナを駆動制御するためのドライバボードが組み込まれています。

仕様

外形寸法図(単位:mm)

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。