製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

ピコ秒蛍光寿命測定装置

C11200

null

ピコ秒蛍光寿命測定装置 C11200は、検出器として超高速現象を直接観測できるストリークカメラを用いて、5 psの時間分解能での時間分解測定を実現したシステムです。フォトンカウンティグ法を用いた超高感度を特長とすると共に、分光器と組み合わせて多波長同時計測が可能なので、ミリ秒~ピコ秒領域での時間分解スペクトルを追跡することができます。専用のソフトウエアを用いて機器を制御しますので、操作性にも優れています。

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

システム構成例

モードロックTi-Sapphireレーザとの組み合わせ例

ピコ秒蛍光寿命測定装置 システム構成図

モードロックTi-Sapphire+Regenerative Amplifierレーザとの組み合わせ例

ピコ秒蛍光寿命測定装置 システム構成図

PLP-10レーザダイオードヘッドとの組み合わせ例

ピコ秒蛍光寿命測定装置 システム構成図

外形寸法図

・高繰り返しストリークカメラ C14831(約7.5 kg)
  +リレーレンズ 3:2 A5309(約0.2 kg)
  +ORCA-Flash4.0 V3 デジタルCMOSカメラC13440-20CU(約2.2 kg)
  +マウントテーブル A14842-03(約0.3 kg)

 

c11200 外形寸法図

 

 

・分光器 f=300 mm C11119-04(約19.5 kg)

 

c11200 外形寸法図

 

 

・C14831用 電源ユニット(約3 kg)

 

c11200 外形寸法図

 

 

・標準光学系ベースプレート A8111(約24 kg)
 分光器マウントテーブル A11350-81(約14 kg)
    ※組み合わせ設置例

 

c11200 外形寸法図

 

 

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。