製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

tNIRS-1 非侵襲脳酸素モニタ

C12707

null

tNIRS-1は、定量性・再現性に優れた時間分解分光法による脳酸素モニタです。従来装置では困難であった、組織血液量の定量化、患者の間歇的な経過観察等を可能にします。
従来、TRS法は基礎研究の分野で使われていました。自社開発の高速センサと3波長半導体レーザを採用し、TRS法を応用した新しい臨床用脳酸素モニタを実現しました。

【医療機器認証番号】225AFBZX00091000

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

特長

  • 患者間、測定部位、測定部位形状の影響を受けず定量的な計測が可能
  • 再現性に優れ、経日観察が可能
  • O2Hb、HHb、tHb濃度、組織酸素飽和度(StO2)をリアルタイム測定
  • 生体に安全なクラス1レーザを使用
  • 患者移動の際にワンタッチで着脱可能なプローブファイバ
  • 測定したデータをUSB メモリへ手軽に保存

TRS法(時間分解分光法)とは

従来法(MBL法、SRS法)は、透過光の光強度を測定し、その情報から酸素飽和度などを算出しますが、測定部位の形状やプローブの装着状態の違いに影響されやすく、定量性の点で応 用に限界がありました。
TRS法は、生体に照射する光に短パルス光 を用い、透過光の時間応答波形を測定します。測定部位の形状やプローブの装着状態に影響されにくく、酸素飽和度などを精度良く安定的に測定できます。特に定量性・再現性に優れているため、日をまたいだデータの比較も可能になります。

原理

tNIRS 原理

理論式

$$R(t,\mu_a,\mu'_s) =\Biggl(\frac{4\pi c}{3\mu'_s}\Biggr)^{-\frac{3}{2}}\frac{1}{\mu'_s}t^{-\frac{5}{2}}exp(-\mu_act)exp\Biggl(-\frac{3}{4ct}\Biggl(\rho^2\mu'_s+\frac{1}{\mu'_s}\Biggr)\Biggr)$$

入射された短パルス光の時間的広がりを解析する方法です。

測定波形に合致するように理論波形をフィッテングし、最も波形が一致した時の吸収係数(µa)を取得します。3波長の吸収係数(µa)から生体の酸素飽和度(StO2)、総ヘモグロビン濃度(tHb)を算出します。

 

仕様

型名 C12707
測定項目 酸素化ヘモグロビン濃度 O2Hb( μM)
脱酸素化ヘモグロビン濃度 HHb (μM)
総ヘモグロビン濃度 tHb ( μM)
組織酸素飽和度 StO2( %)
測定範囲 StO2(%) 0 %~99 %
測定サンプル間隔 5 s ~ 60 s (5 sステップ)
測定方式 TRS法(時間分解分光法)
光源 レーザダイオード(クラス1)
照射光 波長755 nm、816 nm、850 nm(公称値)
パルス発振、繰り返し周波数9 MHz
光検出器 MPPC(multi-pixel photon counter)
チャンネル数 2チャンネル
バッテリ動作時間 約30分間(フル充電時)
データ保存回数 20回分
外部保存 USBメモリ
プローブファイバ長 約3.5 m
生体情報モニタへの接続 Philips社 IntelliBridge Interface Module接続により可能
電源 AC 100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 90 VA
外形寸法/質量 tNIRS-1本体 292 mm(W)×291 mm(H)×207 mm(D)
約7.5 kg
医療機器認証番号 225AFBZX00091000

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。