製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

NMOSマルチチャンネル検出器ヘッド

C5964-1011

null

紫外~近赤外域 (200~1000 nm) マルチチャンネル測光用

C5964-1011は、紫外~近赤外域 (λ=200~1000 nm)での分光測光用として開発した高感度マルチチャンネル検出器 ヘッドです。本検出器には、電子冷却型NMOSリニアイメージセンサ (S8383シリーズ)、専用の低ノイズ駆動回路および高安定温度制御回路を内蔵しており、外部から簡単な信号を入力するだけで動作させることができます。また、電源を入力すると同時に、センサはあらかじめ設定された温度 (Ts=0 ℃) まで冷却されます。万が一、冷却器の故障によって過熱した場合には保護回路により自動的に電源が切れるようになっています。本体はコンパクトな外形でありながら、放熱効果の優れた構造になっています。また、本体正面フランジには、分光器などの取り付け用止め穴が付いています。


■特長
・電子冷却型NMOSリニアイメージセンサを使用
・専用駆動回路および温度制御回路を内蔵
・高安定温度制御方式を採用
・簡単な信号入力で動作
・高感度、広ダイナミックレンジ

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

出力 アナログ
適合デバイス S8383-1024S
センサ内蔵

分光感度特性

k_c5964-0800_sr_xx.jpg

外形寸法図 (単位: mm)

k_c5964-0800_do_xx.jpg

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。