製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

DIP-500 ボーンアナライザ

C6870

null

骨塩定量法は、骨粗鬆症の診断や治療効果の判定に用いられています。MD法は、アルミスケールと患者さんの第2中手骨を同時にレントゲンで撮影してアルミニウムと中手骨との陰影濃度を比較し骨塩量を測定する手法です。ボーンアナライザ DIP-500は、MD法をさらに改良(測定誤差の改善や測定時間の短縮)したDIP法を用いて、CCDカメラで撮影した手部X線フィルム画像から、高速・高精度に骨塩量を測定するシステムです。アルミスケールの自動読取機能やマウスによる簡単操作により、従来MD法で測定していたパラメータを約1分という短時間で測定します。
(CRフィルムにも対応: 別途お問い合わせください。)
【医療機器届出番号】22B1X00008S00005

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

型名 C6870
撮像装置 高解像度CCDカメラ
撮像視野 220 mm±5 mm×145 mm±3 mm
フィルムサイズ 四つ切りフィルム
照明 高周波点灯蛍光灯による透過光照明方式
対応スケール アルミスロープ、アルミステップ
計測方式 コンピュータによるデジタル画像処理方式(DIP法)
測定時間 約1分間(管理データ〈氏名、測定日等〉の入力含む)
画像計測部寸法 440 mm(W)×600 mm(D)×898 mm(H)
質量 50 kg±3 kg
電源 AC100 V±10 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 最大350 VA
周囲温度(動作時) +10 ℃~+40 ℃
周囲温度(非動作時) -10 ℃~+47 ℃
周囲湿度 30 %~80 %(結露しないこと)

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。