輝度配光特性測定装置

C9920-11

輝度配光特性測定装置 C9920-11は、有機ELや無機ELなどの発光デバイスの発光輝度、スペクトル、およびそれらの発光角度分布をエレクトロルミネッセンス法により測定する装置です。
発光デバイスをサンプルホルダにセットして定電流電源より電流/電圧を供給し発光させます。この発光を専用光学系、ファイバを通して検出器で測定します。検出器には分光器とマルチチャンネルの裏面入射型冷却CCD検出器を用いているため、分光スペクトルを瞬時に高精度で測定することができます。

仕様

型名C9920-11
回転ステージ最小設定角度1 °
測定角度範囲0 °~+80 °、-80 °~+80 °
最小設定ステップ1 °
分解能0.1 °以下
検出器裏面入射型冷却CCD
冷却温度-15 ℃
受光素子チャンネル数1024 ch
測定波長範囲380 nm~780 nm(検出器単体:200 nm~950 nm)
ファイバ1.5 m
測定スポットサイズ200 μm
測定輝度範囲10 cd/m2~10 000 cd/m2

関連情報

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。