製品情報

hama hot vol.14
品質管理
浜松ホトニクスは品質改善活動に積極的に取り組んでいます。

アプリケーション

浜松ホトニクスについて

サポート

会社情報

( )

国・地域を選択してください。

放射線検出モジュール

C12137-00D

null

高精度で小型の高感度放射線検出モジュール

C12137シリーズは、シンチレータとMPPC (Multi-Pixel Photon Counter)を内蔵した、137Cs (セシウム137)などからのγ線検出を目的とするモジュールです。入射したγ線をシンチレータにて可視光に変換し、MPPCで極微弱な光まで検出して、低エネルギーγ線を高精度に計測することが可能です。信号処理回路やA/D変換回路をコンパクトな筐体に収めており、USBまたはRS-232Cインターフェースに対応しています。本製品には、測定条件の設定、データ取得および保存、グラフ表示などの機能をもつサンプルソフトウェアが付属されています。


■特長
・γ線のエネルギー弁別が可能
・モジュール化されているため装置への組み込みが容易
・小型、軽量

このページの製品に関心をお持ちの場合は、下のボタンでお気に入りリストに保存できます。

仕様

検出素子 MPPC
シンチレータ Csl(Tl)
シンチレータサイズ 13 x 13 x 20 mm
サンプリング時間 10~60秒設定可
ビットレート 115200 bps
電源 +5 V
エネルギー範囲 0.03~2 MeV
エネルギー分解能 8 %
測定条件 計数効率:137Cs, 0.01 μSv/h
エネルギー分解能:137Cs, 662 keV

外形寸法図 (単位: mm)

k_c12137-00d_do_xx.jpg

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サンプル請求
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。