LCOS-SLM(空間光位相変調器) X15213シリーズ

LCOS-SLMは、光の位相を自由に変調する反射型の空間光位相変調器です。レーザなどの照射光は、液晶により位相変調された後反射され、その波面形状を自由に制御することができます。光の波面制御により、光ビームパターン成形や収差補正等への応用が可能です。

X15213シリーズには、使用する光源波長に対して8つのタイプを用意しています。誘電体多層膜ミラータイプ (-02/-03/-05/-13/-16)とアルミミラータイプ (-01/-07/-08)に大別されます。誘電体多層膜ミラータイプには、素子の反射率を高めるためにレーザの波長に対応した誘電体多層膜ミラー [-02: チタンサファイアレーザ (800 nm帯), -03: YAGレーザ (1064 nm), -05: LD (405 nm), -13: YAGレーザ第2高調波 (532 nm)/He-Neレーザ (633 nm), -16: YAGレーザ第2高調波 (532 nm)]が形成されています。誘電体多層膜ミラーによって反射率を高めることにより、内部での吸収率も低減されているため、ハイパワーレーザにも対応することが可能ですが、カバーする波長域は狭くなっています。アルミミラータイプは、CMOSチップ上のアルミ電極による反射を利用しており、反射率は前者に劣りますが、反射波長域は広くなっており、400 nm~1550 nmを3タイプでカバーしています。-08タイプにおいては、1350~1400 nmの波長帯でガラス基板の吸収により反射率が5%程度低下します。532 nm帯用の誘電体多層膜ミラータイプには-13と-16があり、-16は-13に比べて短パルスレーザに対して耐光性が高い設計となっています。波長帯域を示す-02・-03・-16の後にLまたはRを追加したものが、水冷タイプです (水流用コネクタの位置: 左 L、右 R)。

対応波長範囲

読み込み中です件見つかりました

表示項目設定

すべて見る (0件)

該当する製品がありませんでした。
検索条件を変えて再度検索してください。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。