転写プレート Poropare™

試料薄切・マトリックス塗布を必要としない質量分析イメージングを実現します。

質量分析の可能性を広げるサポートアイテム

浜松ホトニクスのもつ独自のガラス成形技術と成膜技術により実現した、質量分析用の前処理サポートアイテムです。堅牢性のあるポーラス構造とイオン化支援層により、質量分析の前処理の簡便化に貢献します。

特に、従来では当たり前の試料薄切を不要とした「転写」サンプリングの実現は、質量分析イメージングの適用範囲を大きく広げます。

(参考)

Ikeda, T., & Kotani, M. (2024). Thin-Section- and Matrix-Free Mass Spectrometry Imaging: Reproducible Sample Transfer Using Novel Platinum-Coated Porous Plate Formed of Glass Beads. Rapid Commun Mass Spectrom., 38(6), e9697. https://doi.org/10.1002/rcm.9697

NEWS



Poropare™に関する最新情報をご希望の方は、以下の登録フォームよりお申込みください。弊社のメールマガジンに加えて、Poropare™に関する配信を受け取ることができます。

コンセプト

Poropare™を使うと:薄切不要、幅広いサンプルを手軽に測定

試料の測定面をPoropare™の有効面に押し付ける(転写)だけで前処理は完了です。最大のハードルである薄切が不要になると同時に、有効面にあるイオン化支援層がマトリックスフリーの測定を実現します。

Step1

測定面の露出

Step2

試料の押し付け

Step3

誰でも簡単!

Poropare™がないと:薄切必要、測定可能なサンプルも限定的

Poropare™を用いない測定では、薄切のための専用装置(クリオスタットなど)が必要で、測定準備が大変です。また、測定できるサンプルも、凍結や薄切が可能なサンプルに限定されます。

Step1

試料の薄切

Step2

マトリックスの塗布

Step3

やっと準備完了…

測定例

Poropare™は、転写サンプリングという前処理の新たな選択肢を提供します。例えば、植物や表面汚れのように薄切が困難なサンプルは、Poropare™に測定面を物理的に接触させることで解決できます。

 

イチゴの割断面測定では、糖などの代謝物の局在を明瞭に示す結果が得られました。 Poropare™のもつ高い吸水性により、にじみによる非局在化はほとんど見られません。花や葉のように薄く平らでないサンプルも、転写プレート上に圧搾することで、面全体のイメージングが可能になります。表面汚れは転写によって表面選択的にサンプリングされ、母材の影響を排したイメージングが可能です。こうしたアプローチは、Poropare™のもつ堅牢性によって実現されます。

イチゴ

果物のイメージング

さくら

花のイメージング

ツツジ

葉面のイメージング

フィルム

表面汚れのイメージング

Poropare™の活用のご案内

Poropare™はMALDI-TOFMS装置を用いた測定を前提とした製品です。

装置をお持ちの方はもちろん、お持ちでない方でも受託分析サービスでご活用いただけます。それぞれの詳細は下記をご覧ください。

 

ご自身で使用したい方

分析を依頼したい方

Q&Aで解決しない内容につきましてはお問い合わせください

個々の分析に関する問い合わせ等、お問い合わせ内容によってはお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。