CMOSエリアイメージセンサ

S13101

近赤外高感度のAPS (Active Pixel Sensor)タイプ

S13101は、近赤外域に高い感度をもつAPS型CMOSエリアイメージセンサです。画素フォーマットは、SXGA (1280 × 1024画素)です。また、最大146 frames/sでの撮像が可能です。 タイミング発生回路、バイアス発生回路、アンプ、A/D変換器を内蔵したオールデジタル入出力タイプで、ローリング シャッタ読み出し、グローバルシャッタ読み出しの選択が可能です。


■特長
・画素サイズ: 7.4 × 7.4 μm
・画素数: 1280 × 1024 (SXGA)
・高速読み出し: 146 frames/s max.
・SPI通信機能
(部分読み出し、ゲイン切り替え、フレーム開始モード選択など)
・ローリング/グローバルシャッタ読み出し

タイプ SXGA (1280×1024画素)
イメージサイズ 9.472 x 7.578 mm
有効画素数 1280 x 1024 pixels
画素サイズ 7.4 x 7.4 μm
感度波長範囲 400~1100 nm
フレームレート max. 146 フレーム/s
冷却 非冷却
窓材 硼珪酸ガラス
パッケージ セラミック

分光感度特性

外形寸法図 (単位: mm)

関連ドキュメント

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。