産業用LiDARモジュールの低コスト化を実現
セルフバイアスジェネレータ一体型APDアレイを開発
10月末よりサンプル提供開始

2022年10月12日
  • 浜松ホトニクス株式会社
    本社:浜松市中区砂山町325-6
    代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

Gain Stabilized Si APD S16430-01CR

Gain Stabilized Si APD S16430-01CR

 浜松ホトニクスは、独自の光半導体素子の製造技術を応用し、セルフバイアスジェネレータ(Self-Bias Generator、以下SBG ※1)を一体化した産業用LiDAR(※2)向けアバランシェ・フォトダイオード(Avalanche Photodiode、以下APD)アレイ「Gain Stabilized(ゲイン スタビライズド) Si APD S16430-01CR」の開発に成功しました。SBGにより光の信号の増倍率を固定できるため、温度変化に応じて増倍率を調整するためのマイコンや温度センサなどが不要となります。また、信号処理回路のトランスインピーダンスアンプ(Transimpedance Amplifier、以下TIA)を同一パッケージに内蔵していることから、自動搬送車に搭載するLiDARモジュールの低コスト化を実現することができます。本製品は、LiDARモジュールメーカーに向け10月末よりサンプル提供を開始し、2023年4月に量産を開始する予定です。
 なお、本製品は、10月18日(火)から21日(金)までの4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるアジア最大級の情報技術(IT)とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC(シーテック)2022」に出展します。

※1 SBG:光の信号の増倍率を固定するための素子。
※2 LiDAR:Light Detection and Rangingの略。対象物にレーザ光を照射し、その反射光を光センサでとらえて距離を測定するリモートセンシング技術。