プラスチック選別の速度、精度を向上
高速、高ダイナミックレンジのInGaAs エリアイメージセンサを開発
11 月1 日より販売開始

2023年10月10日
  • 浜松ホトニクス株式会社
    本社:浜松市中区砂山町325-6
    代表取締役社長:丸野 正(まるの ただし)

 浜松ホトニクスは、インジウム(In)とガリウム(Ga)、ヒ素(As)を材料とする、近赤外光に感度を持つエリアイメージセンサに独自の回路設計技術を応用することで、ハイパースペクトルカメラ(※1)向けの従来製品と比べ読み出し速度とダイナミックレンジ(※2)を約2倍まで高めた「G16564-0808T」を開発しました。

 本製品は、従来製品と比較しダイナミックレンジを高め、信号を読み出す波長の選択を可能とすることで、プラスチックのリサイクルや、代替植物を含む食品・薬の品質管理など、成分や大きさなどが異なる対象物に広く応用することができます。当社は、脱炭素や人口増加に伴う食料難の対策に必要なツールとして本製品を拡販することで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

 本製品は11月1日(水)より、国内外の産業用カメラメーカーに向け販売を開始します。また、11月16日(木)から3日間、当社がアクトシティ浜松(浜松市中区)で5年ぶりに開催する光の総合展示会「フォトンフェア2023」に出展します。

※1 ハイパースペクトルカメラ:
対象物からの反射光の強さを波長ごとに細かく分けて撮影できるカメラで、通常のカメラでは分からない対象物の材質や成分の違いを画像化することができる。

※2 ダイナミックレンジ:
識別できる光の強さの最小値と最大値の比率。比率が大きいほど、より強い光とより弱い光の量を同時に正しく計測できる。

本案内に関するお問い合わせ

修理に関するお問い合わせの場合には、「お問い合わせ内容」の欄に製品名、製品型名、製造番号をご記入ください。