カメラ カメラ

ドライバソフトウエア(DCAM)

ソフトウエアAPIサポート

DCAM-API (Digital CAMera Application Programming Interface) は浜松ホトニクスのすべてのデジタルカメラで使用できるソフトウエアAPIです。

 

DCAM-APIの目的は以下の通りです: 

  • 全ての浜松ホトニクスのデジタルカメラの制御と機能を標準化する。
  • 異なるコンピュータインターフェースとそれぞれのソフトウェアAPIの側面を、1つの普遍的なAPI機能と実装ルールのセットに橋渡しすること。
  • ホストアプリケーションを再構築することなく、デジタルカメラとインターフェースを無制限かつシームレスに統合し、APIの将来的な拡張性を可能にすること。

 

DCAM-APIは、カメラの制御に必要な特徴やデータ収集を行うためのシンプルで強力な機能を提供します。DCAM-APIは、カメラの機能と制御を動的に検出します。

ソフトウエアAPIサポート

DCAM-API for Windows

DCAM-API Lite for Linux

DCAM-SDK4

DCAM-SDK4 はカメラとカスタムソフトウエアを統合するためのソフトウエア開発キットです。

 

DCAM-APIは、浜松ホトニクスのカメラ間の様々な違いを吸収しているため、基本的な制御機能は全機種で共通です。 カメラの違いはDCAMの "プロパティ "によって記述されます。 これらのDCAM "プロパティ "は、すべてのカメラ機能とパラメータを制御するために照会し、使用することができます。 このコンセプトにより、開発者は正確なプロパティのタイプと値を知らなくてもアプリケーションを構築することができます。 システムにより詳細なプロパティのサポートが必要な場合、DCAM-SDK4 にはすべての主要な浜松ホトニクスのカメラのプロパティリストが含まれています。 DCAM-SDK4は、タイムスタンプとハードディスクへの高速画像記録もサポートしています。 (Windowsのみ)

 

DCAM-SDK4には、ヘッダファイル、ライブラリファイル、APIドキュメント、サンプルコードが含まれています。包括的なサンプルセットにより、開発者はカスタムアプリケーションに浜松ホトニクスのカメラを迅速に組み込むことができます。サンプルセットには、初期化、パラメータ処理、画像バッファリングと取得、キャプチャ同期、データ保存など、カメラ制御の様々なサンプルが収録されています。

DCIMG-SDK

DCIMG-SDKは、カスタムソフトウエア内でDCIMGファイルフォーマットを読み込むためのソフトウェア開発キットです。

 

DCAM-APIは、高速データストレージ用に設計された特殊なファイルフォーマットでのハードディスクイメージの記録をサポートしています。(Windowsのみ)  このファイルフォーマットはDCIMGと呼ばれます。 DCIMG フォーマットは、特殊なカメラ機能と併用することで、データ保存要件を最小限に抑えることができます。 例えば、ORCA-Flash4.0 V3のデータ抽出機能を使用すると、ファイル・サイズを大幅に縮小できます。 必要なデータのみがDCIMGファイルにエンコードされ、DCIMG-SDKによってフル解像度の画像にデコードできます。

 

DCIMG-SDKは開発用のヘッダファイル・ライブラリファイル、関数リファレンスならびにサンプルコードを含んでいます。また、DCIMG-SDKでは C/C++ をサポートしており、他の開発言語にも順次対応していきます。

サードパーティプラグイン

LabVIEWTMやMATLAB、EPICS等のソフトウエアプラグインのダウンロードはこちら。

* Windowsは米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

* Linuxは、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • デモ依頼
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。