量子カスケードレーザ (QCL)

L12005-1900H-C

SPC構造の採用並びに分布帰還型構造(DFB)によって、室温連続動作で、シングルモード発振する量子カスケードレーザです。HHLパッケージ内蔵のペルチェ素子で駆動温度を制御することによって、シングルモードを維持したまま、モードホップフリーでの波長挿引が実現可能です。

仕様

型名 L12005-1900H-C
タイプ DFB-CW駆動型QCL
ピーク発振波長 typ. 5.26 μm
波数掃引域 min. ± 1.0 cm-1
光出力 min. 20 mW
しきい値電流 max. 1 A
サイドモード抑制比 min. 25 dB
パッケージ HHL

特性例

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。