キャピラリレンズ

J12432-01

キャピラリレンズは、中空ガラスキャピラリを多数束ねて一方をゆるやかなテーパ-状に加工したX線用光学素子です。
X線源から放射・発散されるX線が中空ガラスキャピラリ内に入射し、壁面で全反射しながら進行角度を変えることを利用し平行化されます。

原理

X線集光イメージ

 

輝度分布

 

X線集光動作概略図

 

用途

X線解析(XRD)

 

仕様

項目 内容・値 単位
入力 動作X線エネルギー(推奨) 5 ~ 20 keV
焦点距離 *1 50 mm
出力 平行X線有効径 φ8 mm
平行X線発散角度 (Max.) 0.2
動作周囲温度 0 ~ +50
入出力面窓材 ベリリウム -
ハウジングケース部材 SUS -

NOTE: *1 X線管ターゲットからキャピラリレンズ入射端までの距離

外形寸法図(単位:mm)

関連情報

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。