キャピラリレンズ

J12818-01

集光型キャピラリレンズは、中空ガラスキャピラリを多数束ねてゆるやかなテーパ-状に加工したX線用光学素子です。
各キャピラリ内壁面での全反射を利用し、X線源から放射されるX線を微小スポットに集光できます。

原理

X線集光イメージ

 

X線集光動作概略図

 

用途

蛍光X線分析(XRF)

 

仕様

項目 内容・値 単位
動作X線エネルギー(推奨) 3~25 *1 keV
入力焦点距離 70±10 mm
出力焦点距離 5±2 mm
集光サイズ (FWHM)(Typ.) 20 μm
ゲイン(Min)@Cu-Kα (8.0 keV) *2 10,000 -
動作周囲温度 0~+50
入出力面窓材 ポリイミドフィルム -
ハウジングケース部材 ステンレス -

NOTE
*1 入出力面窓なしで、3 keV以下にも対応可。
*2 集光位置に置いた集光サイズと同サイズのピンホールとの比較。焦点サイズ20 μmのX線源を使用した場合。

光学寸法図(単位:mm)

外形寸法図(単位:mm)

関連情報

製品の購入やさらに詳しい情報についてはお問い合わせください。

  • 資料請求
  • 価格
  • 納期
  • カスタマイズ
  • サポート
  • その他

お問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。